「Pandoってなんだろう」

変な話ですが、私がクインテットに入社を決めた時、Pandoって何なのかよくわかっていませんでした。

「新卒」「新規事業」「ベンチャー」…可能性の塊だ!!これが成功したら私もGoogleの創設メンバーみたいにかっこよく特集されるんじゃないか…✨そんな思いで入社を決めました。笑

Pandoって一体なに?

Pandoがどんなサービスなのか、理解するのにかなり時間がかかりましたが、なんとなく理解した時「私にはPandoを広められない…」と思いました。
というのは、今までの人生「やりたいこと」を口に出すのがすごく苦手だったからです。

 長らく悩む

一番始めの自分の転機となったと感じる出来事は昨年の9月でした。それまでPandoのことは「頑張っていることを蓄積して、深い相互理解をした上でマッチングできるサービス」と思っていました。

一つ下の20卒のメンバーの教育担当になることが決まり、自分がPandoをきちんと理解できていないような気がしていることに不安を覚えていた私は、「Pandoってどういうものか私多分分かっていないんですよね…」と児島さんに話しました。
すると児島さんは、「根っこの部分が分かったら、この事業の壮大さにワクワクすると思うよ」と。
児島さんって本当に答えを教えてくれないんです┐(´д`)┌

児島 誉人

児島さんとの会話の後、「Pandoとは?」という問いに対して自分で考えてたどり着いた答えは「自分のやりたいことに素直になり、それを公言し全うすることで人生を楽しむサービス」でした。

これに気づいたは良いものの、今までの人生で私が最も苦手としていた事だったので、自分がPandoを広めていくこと、ましてやそんな自分が教育することに全く自信が持てませんでした。

不安が払しょくされないまま誰かの教育をすることだけは避けたくて、その週粟本さんとお話しし、自分が思うPando、教育することに対する不安を全て話しました。

晴れる

粟本さんからは、「Pandoの本質に気づけておめでとう(🥂カチーン)」と言われ、自分の自信のなさについては「みんなそんなもんだよ。50代になっても60代になっても、ビジョンを持たない人は持たない。私も新卒で入社した時は永井さんと同じだったけど、どうなりたいのか考えて絶対叶える、って思って毎日過ごしてたら本当に叶ったし、その積み重ねで自信がついていった」と言われました。

粟本さんに会ったことがある方はわかるかと思いますが、粟本さんはTHE自信に満ち溢れた人!!!な印象があったので、粟本さんにも自信がない時期があったことを聞きすごく驚きました。

同時に、「私は自分のやりたいことに自分でフタしてただけだったんだ」「やりたいと思ったこと素直にやればいいんだ」となんだか気持ちが軽くなったことを覚えています。

楽しい

自分の心に素直になって楽しんでいる人と話していると、一緒になってワクワクします。

クインテットに入社して、今まで全く知らなかった学生団体という存在に出会い、世の中には、本当に色々な学生団体がいて色んなワクワクがあるんだと思いました。

例えば、先日IDFC日本ミャンマー学生会議日本側実行委員会のメンバー4名とお話ししましたが、団体に入った経緯は違えど「建物や洋服のゴージャスさが魅力」「ミャンマーっていうニッチな領域を攻めたら自分は最強じゃないか」「全国の大学から人が集まって年1回の大きなイベントのために力を合わせている」とそれぞれが魅力に感じている部分があって。それを聞くと私まで「ミャンマーって何かいいかも!!」となって。笑

IDFC日本ミャンマー学生会議日本側実行委員会

IDFC is an official student event recognized by the Embassy of Japan in Myanmar, JETRO, and JICA and co-organized by Myanmar and Japanese youths. It is an annual exchange program for Myanmar and Japan youth leaders.

 同じように、企業も企業で「その企業は何を目指しているのか」「所属する一人ひとりは何を目指してそこにいるのか」あって。それを聞くととても楽しい!
なんで楽しいのか。まではまだ分析できていません。
でも純粋に、楽しそうに自分の好きなことに熱中している人を見ると、惹き込まれる感覚だと思います。(博士ちゃんですね☺) 

私が思うPando

長くなりましたが、こんな出来事があり、
現在私の中でBP事業部が行なっていることは「やりたいことに素直になって、行動できる人でいっぱいにすること」だと思っています。

私みたいに「あの時こうしてれば、あれにもっと本気になってれば、もっと楽しかったな〜!」と思う人が「あの時頑張って本当によかった!充実してた!」と思えるようになったらいいなと思っています。それが今の私のビジョンにもつながっています。 

この記事で、Pandoって何なのか、少しでも伝われば嬉しく思います。ちなみに非常に共感した記事がございますのでぜひ皆さんにも見ていただきたいです☺ ☞https://pando.life/knock/article/8662

崖っぷち貧乏学生起業家が高級車や高級時計を買えるにいたった経緯を伝えます

加藤芳郎
株式会社KNOCK

 以上!私が思うPandoについてでした!

「一番始めの自分の転機」と記載したように、つい最近「二度目の転機」があったので、次回はそれについて書こうと思います😃

最後まで読んでくださりありがとうございました✨


この記事のメインビジュアルは、仲良しの同期なるみさんです(^^)
なるみさんのプロフィールは写真をクリック!☟

Qwintet life
196件
2020.02.04

記事楽しみにしてました!
うまく言えないんですけど、同じようなこと考えて入社してて、だから似たようなことで悩んでもいて、自分の研修スケジュールの裏側とか色んなこと考えて勝手に共感と感動です笑

僕もこうやってきちんと「Pandoとは」という問いの答えを見つけられるように頑張っていきます。

ながい
2020.02.04

コメントありがとうございます🌝✨✨
同じような想い(Google創設者)で入社してるというのは途中で気づいたことなので、私もスケジュール組みやすかったです!
まずは久保くんの考えとか、想いとか色々、一般公開記事で発信していきましょ(^^)

愛田 天麻
2020.02.02

永井さん!

「やりたいことを口に出すのが苦手」自分と同じでわ!って思いました!
それから、答えを教えないで自分で気付かせようとしつつ支えてくれる先輩、悩みを打ち明けられる先輩、新しい若い夢ある方々との出会い、素敵な方々に囲まれて取り組んでいくうちに永井さんが変わっていく姿が読めてめちゃくちゃワクワクしましたしなるほど!とめちゃくちゃ思いました。

永井さん色んな方の記事読まれてるんですね!お裾分けしていただき、また新しく刺激を頂きました。

2度めの転機も気になります!
楽しみにしてます✨

ながい
2020.02.02

愛田さん✨✨
読んでくださって嬉しいです!!!
そしてとても嬉しいコメントをくださり、本当にありがとうございます!
色んな方が記事を書いてくださっているので、「この人の文章好き!考え好き!」って思った方はフォローして、見逃さないようにしてます🤗🌸

愛田さんの記事に共感する方・刺激もらう方いっぱいいると思います!これからも更新してくれたら嬉しいです✨
2度目の転機も書きますね💨💨
永井

いぶ
2020.02.01

記事読ませていただきました!!✨
永井さんもおっしゃっていたように、考え方似てるなぁと思いました!笑
この記事でPandoの魅力、可能性を感じました!!😳
これからのPandoも楽しみにしてます😆😆

ながい
2020.02.01

いぶさん!!!
ありがとうございます(^^)
いぶさんの記事には共感することがたくさんあったので、読んでもらえてとても嬉しいです✨✨そしてコメントもらえるのとっても嬉しいです😍
Pandoも頑張っていきますので、いぶさんもぜひ記事投稿してください💪✨
これからもよろしくお願いします🌷🌷

Y.U
2020.01.31

我々上に立つ立場として、部下に答えを提示するのは、ある種、使命かも知れません。
が、受け取る側に立ったとき、ただ答えを与えるだけだった場合、その答えをどう感じるのだろうか?ということを考えなければなりません。
「答える(応える)」は、手段のひとつでしかなく、その答えに至る道程も、答えの先も、多岐にわたります。
ただ答えだけを知った場合、その深みに到達することは出来ません。
その深淵に達する最もシンプルで最も困難な方法は、自ら体験することです。
いくら他者の知識を得たところで、自身が実感としてそれを受け取れなければ、ほぼ意味はない、ただのデータでしかないのです。
「自らの手足で答えを探し出す」事の本質が、経営理念カードに書かれた言葉の端々に存在します。
恐らく児島さんは意図的に答えていません。この立場の私にはよく分かる話です。
私の場合は、そういった意味では「答え」を多く提供しているかもしれませんが、私は努めて「それに至る経緯」を話すようにしています。
そこから更に自分の考えを醸成していただきたいからです。
直接食事中に言いましたが、私はそうやって到達しようとしてくれる永井さんは、非常に魅力的な人物だと思っています。

ながい
2020.01.31

牛尾さん🐄
早速読んでくださり、コメントまでありがとうございます!!
あの時は本当に苦しかったですが、あの時言葉だけで児島さんにPandoを説明されていたら、今ごろ中身のない説明しかできなかっただろうと思います。児島さんに感謝です!
また、自分の頭を使って、自分で答えを出すことの快感は、一番最初の新卒研修で松下さんに教えていただきました。次は自分が、次の代に伝えていけるよう頑張ります。

牛尾さんをはじめデザイナーさん・エンジニアの皆さんにご迷惑をかけることが多く本当に申し訳ありませんが、いつもご指導いただきありがとうございます!これからもご飯行ってください🍚✨

関連記事