株式会社クインテットの「ここ自慢」シリーズ-フレキシブル出勤編-

株式会社クインテットの「ここ自慢」シリーズ-フレキシブル出勤編-

クインテットでは2017年10月より「フレキシブル出勤制度」を導入しています。始業時間が全社員一定ではなく、自分自身でコントロールできるため、ワークライフバランスが非常に良くなったと社員から大好評!
今回は、クインテット独自の出勤制度をご紹介します。

クインテット独自の「フレキシブル出勤制度」とは?

「社員一人一人のワークライフバランスを向上させ、充実した人生を送ってほしい!」
「長期的に見て、充実した人生を送っている社員は、業務においても良い結果を出せると信じている!」
弊社代表取締役 松下の考えと、就業規則改定メンバーのアイディアを融合させ、「フレキシブル出勤制度(造語)」という形態が誕生しました。
勤務時間9時間(休憩を1時間含む)は変わりませんが、始業時間を8時~11時の間とし、その時間帯であれば出勤時間は基本的に自由です。

クインテット社員の働き方をご紹介!

フレキシブル出勤制度導入前から在籍している社員に、実際に自分のワークスタイルまたライフスタイルに、どのような変化があったか聞いてみました!

お仕事パターン① 「朝早!8時出勤」

午前中の方がより業務に集中でき作業スピードもあがるので、週の半分くらいを8:00出勤にして、お昼休憩も14:00~15:00と、遅めに設定しています。

朝8:00出勤の日は、できるだけ18時00分前には退勤し、張り切ってジムに通っています。近隣の会社員で1番混みあう20時頃の時間帯を避けられ、急かされることなく自分のペースで頑張れているので、続けられそうです!(今のところ…笑)
また、1日の中でONとOFFの時間が両方しっかりと確保できるようになったので、以前より心に余裕もった考え方ができるようになった気がします。

お仕事パターン②「基本崩さず!9時出勤」

出勤時間をこまめに動かすと生活のバランスを崩してしまいそうなので、9時出勤で統一しています。

しかし、子供の休みや学校行事に参加したい時は、出勤時間を早めや遅めに動かせるのでとても便利です。以前は勤務時間が固定されていた為、その時間に少しでもかかる場合は、有給休暇を取得しなければならなかったので…。
今は平日も子供とふれあえる時間が増えて嬉しいです。

お仕事パターン③ 「 NOラッシュ!11時出勤」

朝が弱いうえに、最寄り駅からの電車はいつも満員でギューギュー状態。ラッシュの時間帯を避けてゆっくり座って通勤したいので、11時出勤にしています。

会社に着く前からドッときていた朝の疲労感がなくなり、爽やかな気分で仕事をスタートできるので、自然と作業効率もあがります。
3月から、仕事帰りに週1回「ホットヨガ」へ通い始めたので、その日は頑張って10時に出勤しています♪

フレキシブル出勤制度で業務効率UP

この制度を導入以降、より効率よく集中して業務に取り組めている社員が増えたように感じます。
自分のワークバランスとライフバランスを状況によってコントロールできるので、私自身以前より生活のリズムがしっかり整いました。
なお、クインテット独自の制度は他にもあるので、またご紹介します!

クインテットでは挑戦意欲に溢れる仲間を募集中!

クインテットは、いま新しい挑戦の時期を迎えています。
『素晴らしい時代を残す』という理念に共感し、目指す世界の構築の為に全力で取り組んで頂ける挑戦意欲に溢れる仲間を募集しています。
20年後、30年後、人生を振り返った時に、後世に誇れる素晴らしい仕事をしたと、一緒に思える日がくる為に、毎日にベストを尽くし、挑戦していきましょう!
クインテット採用情報はこちら

採用検索 - 詳細条件の設定