新卒 【23新卒】 美容クリニックを成果貢献で支える信頼のコンサルティング支援

クライアントの未来に成果で貢献するWebコンサルタント メンバー募集

成果を出し続けるWeb集客支援
—永続的なクライアントへの成果貢献が私たちのミッションー

クインテットにおける全ての事業は、「後世に素晴らしい時代を残す」というビジョンを実現するために展開されています。現代社会を生きる私たちだけではなく、未来を担う子どもたちがより良く生きていくことができる、社会の新しい仕組みづくりです。

私たちがメインクライアントとしてコンサルティングを行なっている美容医療領域は、非常にセンシティブかつ専門性の高い分野です。クライアントであるクリニックが、正しく最適な施術を提供し、クライアントの顧客である患者(ユーザ)に価値提供し続けるためには、より良い施術機器の導入、設備投資、優秀な医師を集めるなど、様々な企業努力が必要です。つまり、売上を伸ばし続け、健全な経営状況を築くことが大前提となります。

クインテットは、そういったクライアントの売上を伸ばし続け、健全な経営状況を維持させるためのコンサルティングを行なっています。ユーザへの価値提供を追求し続ける良い事業者が正当に評価され、事業を継続することができる。そんな社会を構築するための仕組みづくりを担っています。

より事業、仕事内容の理解を深めるために、ぜひこちらもご覧ください!

【事業理解が深まる記事まとめ】Webコンサルタント/戦略企画部【採用】

株式会社クインテット
株式会社クインテット

どうやっているか?

通常、Web制作や広告業界ではクライアントからフィーを頂き、そのフィーもとにサイト制作、Web広告運用等の施策を実行していきますが、クインテットのコンサルティングは業界では非常に珍しいコミッション(成果報酬)型というビジネスモデルを確立しています。

フィー型は、施策の成果が出ても出なくても納品物や提案内容に対して料金を頂いているので、良くも悪くも自社の売上に大きな影響を与えることはありません。一方、コミッション(成果報酬)型は、実施した施策の売上という成果に基づいて自社の利益が左右されるという、非常に厳しい形態です。クライアントの売上が上がらなければ、私たちクインテットの売上はゼロどころか、全ての施策に関わる費用や人件費は自社持ちのため、赤字換算になってしまいます。

なぜ、あえてこういったビジネスモデルをとっているのか?

それは、中長期的で実質的な成果出すことが、クライアントへの最大貢献というミッションを掲げているからです。10年後、100年後も「良い施術を提供する」クライアントの事業を価値あるものとして残していくためには、短期的や単発的な視点ではなく先を見据えた長期的で一貫性のある施策を実施し、売上という成果を追求することが必要不可欠です。

Web制作会社や広告代理店では、単発の制作業務で終わり、どれだけクライアントの利益向上に貢献できたかわからなかったりクライアントから予算を獲得することが目的になってしまうというのが現状です。しかし、クインテットのコンサルティングは売上向上に直結する集客支援施策において、全て一貫して担当します。

つまり、マーケティングであれば調査して終わりではなく、分析結果を元に集客プランを考えて実行するところまでが仕事に含まれます。
時にはWeb領域を飛び越えて、経営者視点で統一した戦略を実施し、全体最適化することで、クライアントと自社の売上・利益の最大化を実現することができます。


正しい情報を提供し、クライアントに、ユーザに適切な情報を提供する
健全な社会を構築するこの事業を、共に発展させる仲間を募集しています

クインテットのビジョンに共鳴いただける方
美容医療、もしくは美容領域に興味関心のある方
自ら学び、仕事に役立ちそうな情報を率先してキャッチアップできる方
正しい情報を提供する社会創りをともに目指したいと思った方

まずは気軽にweb面談や会社訪問でお話できればと思います!
同じ想いを持った方と出会えることを楽しみにしています。



コンサルティング事業部 関連記事 一部ご紹介

クインテットでWebコンサルタントとして働くことのやりがいとは?
なぜクインテットを選んだのか??
あさだの日常 Vol.1
やりたいことが分からなかった私が就活して「信頼のある情報を世の中に届けたい」と思うまでの話
【18卒】
「攻撃力」の低下が、逆に私を強くした
【18卒】
2009年に還る
【19卒】
あの時の私と、今の私。

クインテットでWebコンサルタントとして働くことのやりがいとは?

安達 優樹
株式会社クインテット

なぜクインテットを選んだのか??

株式会社クインテット
株式会社クインテット

あさだの日常 Vol.1

株式会社クインテット
株式会社クインテット

やりたいことが分からなかった私が就活して「信頼のある情報を世の中に届けたい」と思うまでの話

株式会社クインテット
株式会社クインテット

「攻撃力」の低下が、逆に私を強くした

株式会社クインテット
株式会社クインテット

2009年に還る

川崎
株式会社クインテット

あの時の私と、今の私。

株式会社クインテット
株式会社クインテット

コンサルティング事業部のメンバーはこちら
メンバーの記事は こちら 




採用担当おすすめ記事