デザイン部


デザイン部は、クインテットにおけるデザインを全般的に担当します。基本はウェブデザインやウェブ関連のデザインが主ですが、印刷物やロゴデザイン、パッケージデザインなど、様々なものを制作します。宣伝広告などで用いられる各種販促物や商材、場合によっては動画作成なども行います。 上記制作において必要となる写真撮影や動画撮影なども行う場合もあります。

また、より効率的に高品質な生産・貢献が成せるよう、制作物のほか、業務フロー、管理方法など業務に関わるあらゆる事柄の改善もまた、重要な職務の一つです。

クインテットに繋がる全てのクリエイティブに責任を持つ

クインテットはウェブを通じたサービスを展開する企業ですが、その内外で生み出されるあらゆるデザインに責任を持つことを主眼としています。

ただデザインをする、制作をする、というだけではなく、デザインに触れる先にある人間の心の深い部分にまで届くよう、UXやユーザー心理、ブランディングなどから様々な策を講じ、デザインという手段を用いて【最適解】を導き出すことが最大の使命だと考えています。

この世界にある全てのものは「(自然であれ人工的であれ)デザインされたもの」であるといえ、そういった意味では、我々デザイナーが担うべきデザインには際限がないと思っています。

すべての部署をデザイン面からサポート

クインテット社内におけるデザイン部の最大のミッションは【全ての部署をあらゆる面で助けること】です。

クインテットデザイン部が受注する案件は、基本的にはクインテット社内のいずれかの部署から依頼されるものがほとんどですが、社内発注の先にはクライアント(クリニック様、お客様、ユーザーなど)がいます。 そしてそのクライアントが我々に利益をもたらしてくださっています。

そのために各部署が尽力していますが、ある特定の部署、人物に過重な負担が掛かっていては、会社全体の事業拡大は成り立たず、クライアントにも貢献を果たすことは出来ません。

最大限に各部署が力を発揮できるよう、デザイン面などのクリエイティブ(制作物)だけでなく、その連携、企画・運営に対して、デザイナー目線からの提案、改善を主体的に行うことで、あらゆる部署やプロジェクトの サポートを行えるように心掛けることが必要だと考えています。

相手の想像を超える成果の提供を目指す

プロとして仕事をする以上、発注側やその先のクライアントからの要求を超える成果を出して初めてプロとして仕事をしたと言えると思います。 先方が想定される品質や速度通りに制作を実施することは最低限のボーダーです。

発注者が「デザイナーが制作するものは素晴らしい」と僅かでも感じていただけなければ、そのデザイナーの存在価値はゼロでしょう。

職業デザイナーとしてのマインド

我々クインテットのデザイナーは、「クリエイター(制作者)」でありますが、自身から溢れ出す感覚や才能、センス、芸術性、などの自己表現を認められて成り立つような「アーティスト(芸術家)」ではなく「職業デザイナー」である、ということです。

「スキル」や「デザインセンス」のようなものは、自らが鍛え上げなければ獲得できるものではく、その学習も努力も、自分自身でしか成し遂げることができませんが、職業デザイナーの成果は全て、「誰かのイメージや理想像」であり「他人の感覚に寄り添う」ものでしょう。 そしてその評価を下すのは、100%自分以外の人間です。

我々職業デザイナーは、エゴイストであってはならず、求められるスキルで最も重要なのは、「相手の思いに寄り添える能力」と言えるかも知れないと思っています。

PDCAサイクル

クインテットの方針として、「作りっぱなしでは終わらない」というものがあり、デザイン部もそれをモットーに業務にあたっています。

そのため、一度完成したサイトやバナーなども常に主体的にPDCAサイクル(計画→実行→評価→改善)を実施し、改善に務める意識が必要となります。

恒久的な成長と改善

この世は移ろい、流行り廃り、進化が存在します。 ことITの世界はとてもスピードの早い世界です。

昨日までの常識が通用しなくなることもあり得る世界なので、日々の情報収集や調査、分析などは日常的・主体的に実施されなければ、あっという間に取り残されてしまいます。 期待を100%以上で返せるよう、恒久的な向上、成長、改革を心掛け精進を心掛けなければなりません。

そのため、「QwinTED」と呼ばれる社内LT(ライトニングトーク)大会や、勉強会、ブログサービスを使った情報収集・共有など、自己成長を促すための施策を実施しており、日常的に主体的に向上する意識が必要となります。

業務内容

業務範囲

  • デザイン業務全般(ウェブ、印刷、その他)
  • コーディング(HTML、CSS、Javascriptなど)
  • ワイヤーフレーム作成
  • UX設計
  • 写真および動画撮影

制作範囲

  • バナー作成、更新
  • LP(ランディングページ)制作、更新
  • ウェブサイト制作、更新
  • 印刷物デザイン(チラシ、広告、ポスター、パンフレット、名刺など)
  • パッケケージデザイン
  • ロゴデザイン
  • 動画作成

向上施策

  • 社内勉強会の実施
  • 技術研修の実施(主に新卒を対象)

使用言語

  • HTML(HTML5)
  • CSS(CSS3)
  • SCSS(Sass)
  • Javascript
  • PHP
  • CakePHP 等

使用ツール

  • Adobe XD
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Dreamweaver(Sublime Text)
  • GitHub
  • PuTTY(ターミナル)
  • Slack 等

MENU