コンサルティング事業部


クライアント事業へ長期的に貢献する

 戦略企画部では、美容医療に特化した各種Webマーケティング施策(Web広告の運用、Webサイト・キャンペーンサイトの制作など)を統合的に実施することで、クライアントの集患を支援しています。

■ただのサイト制作で終わらせない!あらゆる施策でクライアントの売上に貢献する

一般的な制作会社のように依頼された制作物をただ納品する「作って終わり」のWeb制作は基本的にお受けしていません。各種Web施策を統合・管理しなければ問題点の把握が難しくなり、それぞれの集客プランは成功しても最終的な売上につながらない場合が多いからです。

■自社とクライアント双方の長期的な成長を実現する『成果報酬型契約』

売上に貢献することを目標に掲げているため、達成した売上貢献に応じて報酬をいただく『成果報酬型』での契約をクライアントと締結しています。この契約は、コンサルティングの難易度を引き上げますが、クライアントの売上増加が自社の売上に繋がる仕組みを作ることで、長期的にWin-Winの関係を築くことが可能です。

※Webを通じた集患支援とは?

ちなみに、集患支援とは文字通り「クリニックに患者様を集める」お手伝いをすることです。通常、ただ開院しただけでは患者様はほとんど来ません。特に美容医療を受けられる方は、あらゆる情報を集めて吟味を重ねた上で美容クリニックを検討されるため、街でたまたま見つけて来院するということはほぼありえません。 「クリニックに患者様を集める」には、ユーザーの方々が何を知りたがっているかをきちんと見極め、クライアントの情報を正確にお届けすることが重要となります。

ユーザー心理に基づいたコンサルティングを提案

集患実現に向けて、主に「サイトへのアクセスを増やす」+「サイトの予約率を高める」の2つを軸に業務を行っています。

■サイトへのアクセスを増やす

 集患支援の目的は、クリニックへの来院予約数を増やすことです。 そのためにはクライアントのサイトや『美容医療の口コミ広場』など、メディアへのアクセスを増やし、そのクリニックを知ってもらう必要があります。そのために、クリニックの立地や設備、施術などの情報からターゲットを決め、そのターゲットとなるユーザーの行動や嗜好にあわせて広告配信や検索対策(SEO)を行います。 当社は広告運用とその成果に関するデータを10年以上に渡って蓄積・活用してきたので、それらを活用しながら効果的にアクセス数を増やせるように施策をブラッシュアップしています。

■クリニックへの予約率を高める

サイトへのアクセスを集患につなげるには、様々なデータをリサーチして、ユーザーが望む有益なクリニック情報をサイトコンテンツとして発信することで、クリニックへの予約率を高めます。 実際にそのクリニックで施術を受けた方からのアンケートや口コミ・体験談をもとに、新たな強みを発見してコンテンツに活用することもあります。そのため、当社ではリサーチ無しの無意味なコンテンツを作ることはありません。ちょっとした文章や画像一つ一つも予約率を上げる仕掛けになっているのです。

MENU