ビジョン

後世に素晴らしい時代を残す

人の望みは多々ありますが、何かを優先するとしたらそれは、生きることであり、子の幸せを願うことであり、自らの生きる意味として人生の中で見出される信念を貫くことでなかろうかと私は思います。

これほどまでに平和を享受し、物資に溢れ、不自由ない生活がある日本にあって、様々な物欲を満たすことが出来ても、我々には人生に物足りなさを感じてしまったり、自らが生きる価値や信念を見出せずにいたり、心満たされない日々を送っていたりします。便利さや快適さが人の幸福や充実感には必ずしも繋がってはいません。誇りを持って生きられること、力強く歩めること、信念や使命を見出し世の為人の為に役立つこと、そうしたことを通じて本当の意味で心満ち足りる人生を歩むことが出来るでしょう。

その為には、自分が本気で目指せるビジョンを持ち、そこに全力で取り組み、努力し、訓練を積み、簡単には上手くいかないことも乗り越えて、人に、組織に、社会に貢献できる人になっていかなければなりません。何のために自分は働くのか?何のために自分は学ぶのか?そうした問いに答えを持ち、目指すものの為に全力を尽くさなければなりません。

我々が目指す世界は、社会で働く人々、これから働く若者たちのより多くが、生きる意味や信念を見出し、全力を尽くして仕事をしたり、学んだりしながら、人生を謳歌できる世界です。社会の中で、組織の中で、人と人が巡り合い、力を合わせて協働し、共に成し遂げ、人と人が、組織と組織が、より良い関係で繋がり、相互利益を享受できる世界です。

当社は、インターネットが繋げた世界的ネットワークを、後世にとって素晴らしい時代としていく為の人類の叡智の詰まった社会インフラとして機能させるべく、情報プラットフォームを構築し、その知財の恩恵をより多くの人々や組織が得られる状況の創出に貢献して参ります。

>> 代表 松下耕三に聞く!新規ビジネスプラットホーム『Pando“パンドゥ”』に込めた思い

【社史】

>> 社名「Qwintet」に秘められた思い

採用検索 - 詳細条件の設定