総選挙選⼿名鑑【随時更新中!】

In the end, love wins.

全国の学⽣団体の中から、⽇本⼀応援したくなる団体を決めるコンテスト『学⽣団体総選挙』。
総選挙では、過去 6 回、約 5,000 団体の全国の頑張る学⽣を応援してきました。 

ぜひ⼀度、この⼀年を思い返してみてください。 

新型コロナウイルス感染症対策のため、 
活動は制限され、新歓、いつものミーティング、練習、イベント、⼤会、合宿…すべて例年 通りには⾏えず、
多くの団体が迷い、苦⼼しながら活動してきたことと思います。 

楽しいことばかりじゃなかった。嬉しいことばかりじゃなかった。 

それでも、私たちが挑み続ける理由。 

そんなメンバー⼀⼈ひとりの想いごとぶつけて戦うのがこの総選挙です。 

今回、出場者の皆さんにインタビューに答えてもらいます! 
チームの⼀員として、ぜひ⾃分⾃⾝をアピールしてもらいましょう!! それではどうぞ!!

まずはあなたについて教えてください!

① ニックネームを教えて下さい! 

まり

② 学年を教えてください! 

高校3年生

③ あなたの思う⾃分らしいエピソードを教えてください! 

幼少期に、公園で拾ったどんぐりを鼻と耳に詰めて取れなくなり、救急車を呼びそうになりました!!


次に団体について教えてください! 

 この団体ならではの良さや⼊ったきっかけやを教えてください!

この団体の良さは、バックグラウンドの異なるメンバーが1つの目標に向かって切磋琢磨し合いながら、日々共に成長している点です。さらに、個性豊かなメンバーの特長を生かし、お互いに足りない部分を補いあいながら協力的に活動している点も私たちの魅力だと思います。

この団体の立ち上げのきっかけは、留学の断念でした。私たちは、高校2年時の夏から1年間の長期留学をする予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で留学が中止になりました。しかし、これは行動が制限される状況下で、自分に何ができるか、本当にやりたいことは何かについて考える良い機会になりました。そして、最も大切なことは自分自身がどこに身を置くかではなく、何を実行するかであると気づきました。そこで、3人の友人と共にLGBT+当事者をサポートする団体であるTACTを設立しました。私たちが通っている高校は女子校で、我々にとってジェンダー問題は身近なものであると認識していたと同時に取り組むべき社会問題だと感じていました。また、メンバーそれぞれが過去にLGBT+のいじめに関する経験を見聞きしているという共通点もありました。留学という、高校生活において大きな目標を失った私たちにとって、この団体での活動は新たな共通した目標となりました。

皆さんのこれからについて教えてください! 


① 皆さんの活動を通して社会に伝えたいことは? 

どんな形であろうと愛は愛!! Be Yourself!!

② 活動を通して、あなた⾃⾝(もくは団体として)、これからどうなりたいですか?

全ての人が“自分らしく”あるために、生きやすい社会の実現に貢献できる団体。

③ そのために明⽇からアクションすることを宣⾔してください!

日々可能性が広がるセクシュアリティについて理解を深め、受容する。

自分を愛し他者を愛す!!誰もが自分自身に絶対的な自信を持つことは難しいですが、そのような社会の中でも自分を肯定し認める努力をすることが、他者理解をする上で必要不可欠だと考えます。

最後にひとこと、意気込みをどうぞ!

まずは自分自身を愛すことから始めましょう!

ありがとうございました!

総選挙選⼿名鑑【随時更新中!】
222件