協会による一門所属義務によるガバナンス強化に対する疑問


いいね

一門所属義務化はカバナンス強化の対極的行為です

一門に所属することを義務化する規則を作った理由をガバナンス、コンプライアンスの観点から全会一致で決まった、とする発表が相撲協会からありましたが、ここにも様々な問題を指摘することが出来ます。

まず昨今言われるようになったガバナンスという言葉を理解しているかどうか、という問題です。理解はしていても、都合よく使っているといった方が的を得ているかもしれません。社会学者の古市憲寿さんがテレビ番組で、一門制とガバナンス強化は対極的とお話しされていたようですが、コーポレートガバナンスという概念が日本でも盛んに言われるようになった背景には、企業、組織の不透明性、不正を隠蔽することによる問題を防止するということが第一にあります。

ガバナンスという言葉自体は、「統治」を意味する言葉であり、コーポレートガバナンスは「企業統治」となりますが、社会的に使われている意味合いとしては、企業の経営陣による専制的な支配によって企業ぐるみの違法行為、不祥事、企業統治の不健全化が生じることを解決する為の取り組み、仕組みのことを意味します。

企業統治を強化することで健全性を確保する、という意味合いで相撲協会はガバナンスという言葉を使い、一門制の理由としていますが、経営陣による専制的な支配を強化することがそもそも企業の不健全性の最大の理由ですので、ガバナンス強化と、一門所属の義務化という規則は全く対極にあるわけです。

国技を背負う特別な公益法人として、公益財団法人に移行する前は文部科学省所管の特例財団法人であった相撲協会にとって、コーポレートガバナンスを正しい意味で整備していくことは必須です。それは、一門所属の義務化、というようなことではなく、完全に利害に関わらない人々によって相撲協会の運営が監視され、運営が透明化され、暴力、パワハラ、違法行為が生じないようにする取り組みでなければなりません。

ガバナンス強化を図るのであれば、協会の理事会、年寄総会を、オープンにすれば良いと思います。国会中継のように映像として提供するか、誰でも傍聴できるようにする、そういった取り組みこそが求められます。

親方の言葉を借りれば、相撲はスポーツである以前に、国技であり、この国の大切な文化、伝統であり、神事であります。それを守る為に立ち上がった貴乃花親方を不当に中傷するのではなく、報道は正しい知識、正しい情報に立脚して報道倫理を貫かねばなりません。国民が、政治、行政が、この相撲文化の健全化に取り組まねばならない時だと思います。


No Name(2018-09-29 13:05)

応援会様
TVでの古市先生の 一門制とガバナンス強化は対極的 というコメントを聴いたときは まだよく理解できていませんでしたが このわかりやすい説明ですっきりよく理解できました。 ありがとうございます。
まさに正しい知識 正しい情報の上に成り立った報道であるべきで その報道を我々がどう受け止め 理解するか どう行動するか が問われるのでしょう。
報道の権力の下 さも全て事実を報道しているような 偏向報道は無くなることはないでしょうから それに振り回されることの無いよう我々も正しい知識を得る努力も必要だなと 痛感しました。

速やかな発信ありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。 

No Name(2018-09-29 14:04)

同意します。
今こそ、いや、遅いくらいですが、
監督官庁に相撲協会に調査に入っていただき、不正行為を明らかにしていただきたい。
今までのように協会の報告だけを真に受け、口頭だけの指導では許されないと思います。
世間に明らかになっていると思われる事は、前回の年寄総会で行われた、一人に対する多勢の言葉の暴力、ここで、監督官庁は介入して欲しかった。考えられないぐらい異常だと思った。そして、7月の理事会で決められたと言われている、一門所属義務化。それを最近まで、公にせず、この重要な決定事項を文書化して、全協会員に配布すらしなかったこと。
私の町内会でも役員会で決まった事は速やかに全住民に文書にして知らされます。
相撲協会の年寄の数より、世帯数多いです。
子どもにずるいことやいじめはしてはいけないと堂々と言える大人でなければいけませんよね。今のままでは子供たちが憧れる世界には程遠いように思います。
親方が引退届を出さざるを得なかった過程の中で何があったのか、きちんと調査し、明らかにしてほしいです。内部で形だけ調べました。では意味ないです。
理事会が依頼した、暴力問題再発防止検討委員会なるものがあるらしいが、まったく信用できないと思います。
どうか、多くの人が望んでいるでいるであろう、監督官庁の直接の調査に行動を移してほしいです。

No Name(2018-09-29 14:22)

一門所属制度はどなたもガバナンスと正反対の事を相撲協会はしていると話されてます。
そもそも、今の執行部の方達は理解してるんでしょうか・・・
どんな事でも協会の都合に合わせて、理屈をもっていく姿勢は情けなくみっともないです。

今朝から、貴乃花親方の気持ちが変わらないとみるや、一門所属はどこもOKだったとネットニュースで流してます。
こんな情報操作してる事は、世間は分かってるのに恥ずかしくないのでしょうね!



鈴木 幸子(2018-09-30 00:29)

その通りだと思います。貴乃花親方にどんな事を言って説得していたかは疑問ですが、貴乃花親方が勘違いするはずないです。
付帯条件なしで入れると知らなかったこそ、引退を宣言したわけです。それに貴乃花親方と因縁のある一門ばかりです。貴乃花親方から出向けば考えたと言っていたけど、付帯条件なしで入れるかわからない状態で、頼みに行けるわけないではありませんか?
引退まで追い込んでからどの一門もOKだったと言うなんて、貴乃花親方が下した苦渋の決断を馬鹿にしているとしか思えません。
多分私の予想ですが、日本相撲協会のツイッターが大変な状態になっているみたいなので、貴乃花親方を悪者にしたいのかも…。
最後にこれは私の意見ですが、どの一門でも入れたなんて全く信じてません。後付けです。貴乃花親方の言う通り圧力あったと思います。

河本 珠子(2018-09-29 14:28)

度重なる暴力や虐待問題に対し、相撲協会の内部はなんら改善がされていないように感じています。
問題が起こればもみ消して、もみ消して。
そして貴乃花さまのような健全な方が追い出される始末。
貴乃花さまの行動に対し、重箱の隅をつつくようなことばかりして、では協会がしていることは?と思ってしまいます。

公益財団法人は内部の透明性を求められるはずなのに、ちっとも内部が見えません。
国技である相撲がこれだけ問題を起こしているのだから、国(文科省)が調査をし、改善を促すように努力すべきだと思います。
国民が声をあげても、痛いことは聞かないふりをし、知らんぷりしている印象もありますので。

No Name(2018-09-29 15:09)

公益財団法人として、誰からも愛され続ける大相撲を目指して組織運営するのであれば、ガラス張りの公明正大さが求められるのは、当たり前の事です。優遇税制を受ける身として、相撲ファンだけでなく、大多数の国民や納税者にも、分かりやすく丁寧に理解を求める続ける姿勢は、必須です。ガラス張りの中での統治こそが、求められているガバナンスです。長年力士として活躍されてきた方々ばかりです。角界に関わる事柄には、精通されているかもしれませんが、ガバナンスの概念は、応援会のご指摘通りです。公的法人への道を歩み続けたいのであれば、ガラス張りの組織運営は欠かせません。議事録開示もその一つです。そうして、心から真に愛せる大相撲を目指すべきです。それが叶わないのであらば、私的法人になり、ムラ社会の独自の道を薦めます。

No Name(2018-09-29 15:43)

貴乃花親方に対して色々な意見を言うジャーナリスト、評論家、記者の方々、
最後には必ず貴乃花を潰してはならない!と

国技、神事である大相撲は
貴乃花引退と共に消えました!

涼風(2018-09-29 16:46)

一番大切な意見を書いていただいてありがとうございます。
二宮清純さんが「一門の強化はガバナンスの骨抜き」と発言されておりました。
相撲協会の一番の問題はガバナンスです。
私を含め多くの方が内閣府公益認定等委員会に意見メールをされています。
私はいつも「理事会や評議委員会を公平中立なメンバーで構成してくださるようお願い致します」で締めくくってきました。
又法律に詳しい方も法的根拠を示して内閣府に意見されています。
しかし、それも理由をつけられて叶わない状況です。
このままでは私たちが大好きだった相撲はなくなります。
しまいには今の政権が悪いのかなと思うに至っています。
日馬富士障害事件の相撲協会の報告書は加害者側に都合がよいようにしか書かれていない。その上に裁判記録は鳥取に行けばすべて閲覧出来ると思えば調書の大半が黒塗りだと聞きました。
こんな不条理な事があっていいのだろうか?とずっと思っています。
貴乃花親方が組織人としてなっていないと多くのコメンテーターが言っていますが、それは組織が正しく透明性があってこそ言える事だと思います。
ガバナンスの意味がわからなくて貴乃花親方批判されてる方もあり情けない限りです。

No Name(2018-09-29 18:40)

コーポレートガバナンスについて私自身曖昧なところがございましたが、
この記事で理解が深まりました。ありがとうございます。
応援会様のおっしゃる、
『企業、組織の不透明性、不正を隠蔽することによる問題を防止するということが第一にあります。』
この部分がすべてだと感じます。
協会が行っていることは、内へ内へ向いており、隠蔽されかつ不透明です。
どこで誰が、どのような目的で、何について決定し、決定事項をどう共有し、
どう発信し、どう記録したか。このような基本的ルールさえ行われていないのではないでしょうか?
相撲協会のサイトで理事会の議事録や決定事項を逐次更新するなどなんらかの方法で、公益財団法人として国民に情報を開示すべきだと思います。
悪しき慣習、利害関係、暴力、圧力で成り立つ協会など意味がありません。
国技・神事として日本の伝統を守り伝えてゆく、本来の役目を果たして欲しい。

No Name(2018-09-29 20:36)

理事会での決定事項が協会員である貴乃花に文書で告知されていないという点で、相撲協会のガバナンスは疑問です。阿武松親方を使者に使い、嫌な役目を押し付けて、最後は二人の親方の勘違い問題にすり替えるやり方。そもそも告知義務は協会にあるはず。また親方の会見2時間後に圧力をかけてないと芝田山氏がおっしゃっていますが、2時間で全員に聴取できたのでしょうか? 27日に一門に属してない人をどうするか決めようかと思っていたとのことですが、どうとでも言えますよね。それから新たな第三者委員会の結果を手渡ししたとのことですが、その際の聞き取りは、親方や暴行の被害者にも行われたのでしょうか。されてないとしたら無効です。国民はバカではありません。親方がどんな生き方を選択しようとも応援しています。

No Name(2018-09-29 21:56)

そうです。理事会はテレビ中継したらいいと思います。
相撲は中継されてるんだから。
いつも、ある親方とか関係者とかマスコミは名前を出さずにコメントを出してますが、誰がどう考えてるのか
特に理事ならば名前を出して発言するべきです。
自由に意見の言えない団体なんて未来はありません。

No Name(2018-09-30 01:03)

「理事会・テレビ中継!」
その通り!
税制上の大きな優遇措置を受けているのですから、公明正大に!
マスコミは、名前を出しての、責任ある発言を発表すべき。

あおぞら(2018-10-06 10:29)

テレビ中継は無理だとしても、公益財団法人であれば議事録があるはずですし、
開示する義務があるはずです。まあ、黒塗りにしてあるかもしれませんが・・・
私も公益社団法人の理事になっていますが、自由に意見が言えない理事会なら
開く必要がないと思いますし、何時代の組織?と思います。

No Name(2018-09-29 22:29)

日本相撲協会の問題を浮き彫りにしたり、アマチュアスポーツ界の勇気ある告発や改革への流れなど、貴乃花親方の功績は大きいです。もうそろそろ国が動いてくれないと、国民は不信感が募ります。

No Name(2018-09-30 00:50)

誰にも変えられない事実。それは貴乃花が平成の大横綱だということ。そして弟子たちが順調に育成されたことで、親方の相撲道の正しさが証明されたこと。孤立無援な親方だったら、そもそも一門などできていたはずないことから、親方には人望があったということ。マスコミがいかなるニュースを流そうと、それだけは変わらない。

No Name(2018-09-30 00:56)

同感です(^_^)v

No Name(2018-09-30 01:48)

貴乃花の偉大さは後世に残る。
親方の人望の大きさは歴史が証明する。
いかに貶めようが無駄なこと。
親方の理念の深さ、清らかさは、誰にも汚すことはできない。
親方の今後のご活躍にわくわくする思いでおります。
親方のご指導でこれからは全国の子供達が生き生きとのびのびと成長されゆく姿が目に浮かびます。
お弟子さんたちは親方からのご指導、ご温情を胸に抱き、そして親方の今後のご活躍を誇りに、お手本として、頑張って行かれると思います。

卯月生(2018-09-30 08:57)

親方衆にぜひ読んで欲しい文章ですね。
多くの親方は、一門を飛び出すという発想もなく、
安定した、楽な立場で日々いられたらいいという、
そんな日常でしょう。
何年も先のことを考えている貴乃花親方の思いなど、到底理解できないでしょうね。
いずれ、行き詰まりが来るでしょう。
その時本当に困るのは、今の現役力士たち。
大変ですよ‼

No Name(2018-09-30 10:34)

ガバナンス強化が目的であれば、一門制度はむしろ撤廃の方向性ではないでしようか。

元々貴乃花一門がありました。それがグループになり、そしてグループは認めないというルール決議にいたるまでのプロセスも不透明で、嫌がらせの感は否めません。

そもそも協会の先の選挙では謀叛などという言葉が出ていました。協会にとっての透明さは監視であり、ガバナンスとは支配なのではないでしょうか。

ガバナンスというよりも、
カッテニスンナ。

まずは基本となる倫理観、社会通念が一般社会と共有できているかどうか。

貴乃花親方は組織には向かないという、コメントもありますが、
貴乃花親方こそ、普通の組織人だと思います。

報道に出ていない事もまだあるのでしょうが、なぜ被害届を出したか。
「誰が被害者で、誰が加害者か。」
「第三者委員会の立ち上げの要望」
相撲協会の倫理感が、一般社会と大きく違い、普通に正しく判断できるものではなく、
それは、加害者、被害者の判断さえとという事かと思います。

公益財団法人として、国技として、神事としての自覚と責任が問われているかと思います。若い力士の未来と、これからの相撲の未来のために、協会内に残る親方の皆さんは、大人として親方として次世代への責任を果たして頂きたいと思います。
そして、大切に私たちの誇りとして残していきましょう!

No Name(2018-09-30 11:53)

本日貴闘力氏がテレビ出演し、親方のことを擁護されていました。自分のお子さんが相撲界にいるのに、ここまで踏み込んだ発言をしてくださる盟友を持っていることが、何より親方が真摯な方であることの証明です。私見では先場所、貴景勝は三賞に相応しかった。それは他の部屋の力士も言っていたほど。一門に属すとの規約を急に作ったのは、将来、貴乃花部屋から横綱が出て、親方のカリスマ性がますます増した時のことを畏れたのでしょうか? 「別のやり方があったはず」とおっしゃる方々。理事選のやり方も旧態依然としている協会で、いったいどのようなやり方があったのか、具体案を示してくださいませ。

No Name(2018-09-30 13:11)

おっしゃる通りです!

No Name(2018-09-30 13:25)

その通りです。
他の部屋の力士が本音で思われたのですから、理不尽だと思った方が多かったはずです。よくぞ言ってくださったと思っていました。

No Name(2018-09-30 15:49)

私もそう思います。
せめて力士には平等でなければ相撲は終わりです。

No Name(2018-09-30 18:26)

>貴景勝は三賞に相応しかった
同感です。「ほかの力士」というのは、嘉風関ですね。
「貴景勝にやればいいのに。」との彼の談話が記事になっていました。
貴景勝関は、対白鵬戦でもすばらしい相撲をみせてくれました。白鵬あわや、の場面を多くの視聴者が目に焼き付けたはずです。
貴ノ岩関の幕内復活での10勝も、隆の勝関(千賀ノ浦部屋)の新入幕勝ち越しも、当然候補にあがってよかったと思うのです。
三賞選考については、解説北の富士氏が、協会に対して「けちけちしないで、やったらいいのに」と、よく苦言を呈しています。
内部留保を高めるのでなく、きちんと還元すべき。それだけでなく、ファンの納得する形に。「厳しくやっている」という藤島親方(武双山)のコメントだけで、「三賞、該当者なし」に納得した視聴者は少なかったと思います。
貴乃花部屋および、出稽古などの貴乃花部屋と交流がある部屋、の力士だからか、と私は感じました。
こうしたことや、そのほか「有形無形」のいやがらせが、弟子におよぶ、そこを親方は心の底から危惧されていたのでしょう。
会見で明言されたことは、おそらく紛れもない真実であるのに、報道の論調は、「・・・・との主張」などとしています。
論点のすり替えばかりで、パワハラをしている側は、今になって「どの一門も受け入れる気持ちは、あった」などと笑止千万なコメント。

貴乃花に憧れて角界に入った、多くの若手親方衆、今は弟子を人質にとられ、物が言えないお立場は、よくわかります。なぜか記名式にもどった理事選で、真意を示すことができなかったことも。(この時も、この事情を伝えることなく、「貴乃花は求心性を失った」などと、NHKの番組が断言調で伝えたが)
先の事件で、親方がテレビ朝日で語った内容に、衝撃も受けたことでしょう。
だからこそ、親方から直接話を聞きたくて集まったのでしょう。それを、心ないマスコミが「つるしあげ」などという下品なタイトルで報じたのではないのですか。
しかし、現執行部にも必ず定年はきます。そのとき試されるのは、皆さんだということを決して忘れないでください。そのためにも、今起きていることの真実を知る努力をなさってください。そうでないと、大相撲から人々は離れます。


No Name(2018-09-30 14:13)

一門という意味が未だ不明。各一門に分けるという事が問題に思う。一門に疑問を持っていた親方達が一門を出て。貴乃花一門を作った背景は、自由にものが言えるという事だった。協会の中の親方達が自分の言葉を発する事ができないでいるのではないのか?見えてこない。人とコミュニケーションがとれないとか。敵を自分から作っているなどど批判。それほど相撲協会という組織が一般常識では語れない組織だって事。一門という事自体。この世の中にこんな組織は一つも存在しない。親方が一平卒になって弟子達のために耐え抜いてきた姿。私達はいやというほど見てきた。緊急会見で、弟子達優先。弁護士同伴という会見した背景は、伏魔殿である相撲協会の実態を物語っていると感じた。一般常識が通じる組織なら。弁護士同席なんて貴乃花親方がする訳ない。その後の芝田山親方の言いきってしまう会見は、以前からの相撲協会の手法であるとジャーナリストもいっている。不祥事が出るたび昔からこの手法のようです。事実無根という言葉の中に圧力をされ続けたという事を感じました。告発状が真実であるという証明。告発状を内閣府に提出した時。貴乃花を潰せ。その弟子も潰せと。あの時も聞いている。弟子達だって親方同様同じ圧力を感じていただろう。一門に取り込み。親方の事を自分達の思うようにするつもりであったに違わない。一門に縛り付け。何かあるたび弟子達がどうなってもいいのか脅し続け。弟子達も親方同様自分達のおもうがままにするつもりだったように思われる。親方は身を挺して一番に弟子の行く末考え。この方法しかなかったように推察できる。卑怯で恐ろしい協会。未来ある力士達の事を考えてはいない。芝田山の弟子の失明事件。春日野部屋の弟子の味覚障害を例に挙げても再発防止について議論されず。全て闇の中。事件の隠蔽ばかり。一日でも早く弟子達が千賀ノ浦部屋で落ち着いて相撲が取れるよう協会には願うばかりです。
応援会の方。親方を応援しているファンの言葉を発信できる場所を作ってくださり。本当にありがとうございます。重ね重ね感謝申し上げます。これからも親方の姿を私達に発信してください。よろしくお願いいたします。頑張ってください。

No Name(2018-09-30 16:32)

ガバナンスの意味、わかりやすく説明して下さりありがとうございます!!
どれほどまでに貴乃花親方が辛い思いしながら頑張って来られたのだと思うと、堪らないです
なんとか協会や心無い報道に対して物言いが私達にも出来ないものでしょうか、、

No Name(2018-09-30 23:49)

実に同感です!!ガバナンス、コンプライアンスの意味を協会は捻じ曲げています。自分たちの論理で、ますます暗闇になるでしょう。
それでも忖度した報道などが見られ、こんなことをしていると、日本は世界に取り残されると感じます。
親方は大変リベラルな考えの方だと私は思います。
なんとか我々も頑張っていきましょう!!

No Name(2018-10-01 08:52)

2018-09-29弟子達との関係、手続きの不備、支援者との関係等の中傷報道について
に下記、書き込みをしました。
※何故芝田山理事があれほどまでに自信満々に、引退届を中傷したかがよくわかりました。念のため、こちらにも書き込みをします。

【貴乃花親方引退騒動】法匪に騙された芝田山理事の暴論
青沼隆郎の法律講座 第14回 2018年09月27日 14:51
https://www.data-max.co.jp/article/25171
(※貴乃花親方の「引退手続き」について、青沼隆郎の法律講座を見つけました!)

No Name(2018-10-01 12:54)

本日「バイキング」にて12時52分ごろ、横野れいこ氏が「貴乃花親方を管理するために、一門所属の規則を作ったがやめると言ったのでびっくりしている」とおっしゃったことをここに記しておきます。ガバナンスなんて、やはり嘘だったのですね。

No Name(2018-10-01 12:55)

時間を訂正します。12時半ごろでした。

No Name(2018-10-01 13:31)

見ていました!

No Name(2018-10-01 13:18)

弁護士の方はほぼすべての方がこの一門所属の規約に合理性がないとおっしゃっています。素人ながら、私見を述べます。
①公になっていたのだから、警察捜査を妨害しようとはしていないとの協会の主張へ。
だとしたら先に協会に連絡をしなかったことであれだけの降格人事を行った正当性はあるのか。警察に連絡するつもりだったら、貴乃花に対しては「ありがとう」でしょう?
たとえば同じ会社の社員が飲席で暴行、流血事件になったら、まず警察に連絡。会社に先に連絡しなかったことに怒る会社がありますか? そんあ組織にガバナンスがあると言えるのか。怒っていないなら、親方の降格人事の理由は何か?
②健全なガバナンスを確保するためには、内部告発者は保護されなければならない。ましてや公益財団法人であるならなおさらである。貴乃花は功労者であっても、組織の反逆者ではない。反逆者と捉えているとしたら、協会上層部が内部告発を涼としていなかった証左。
③資金の流れを理由に一門というのなら、各一門と、無所属の団体に、公認会計士をつければよい。プロにやってもらった方が確実。十数万円の税金しか払っていないのだから、透明性を保つためにそれくらいのお金を惜しむのは国民に対する裏切り。
④「一対100でつるしあげにあったのに自分の非を認めたなかった」と協会擁護の記事を拝読。これは自ら、協会は親方にパワハラをしましたと墓穴を掘っているに等しい。一門云々の前に、親方へのパワハラの調査。そしてそのようなことが二度と起きないような、第三者を入れた組織にすることの方が先決。
弁護士の先生はもちろん、素人でもこれだけの疑義がある規約を通そうとする協会。公益財団法人の資格はあるやなしや。

No Name(2018-10-01 13:49)

古賀茂明「貴乃花引退で記者クラブは潰した方がいいと思う理由」
連載「政官財の罪と罰」
https://dot.asahi.com/dot/2018093000021.html?page=1

是非読んでください!
貴乃花を潰そうとした相撲協会に全面的に協力したのは、相撲記者クラブである。

No Name(2018-10-01 15:08)

記事を教えて頂きありがとうございます!!

No Name(2018-10-05 16:27)

この数ヶ月間一連の報道のされ方は とても奇妙で 何か歪んだ動きを感じ ていましたが、私も古賀氏のコラムを読み 今迄の流れに説得力があると感じました。

No Name(2018-10-02 00:29)

きょうの相撲協会の記者会見。芝田山広報部長が「貴乃花親方の顧問弁護士と相撲協会の顧問弁護士で、引退届で問題なし」と臆面もなくシャーシャーと言っておりました。
-------
公益財団法人日本相撲協会
定款第8章46条
相撲部屋における人材育成業務委託

貴乃花親方は
雇用契約ではなく委託契約
雇用契約なら退職届け
委託契約なら引退届けで問題ない

1代年寄りなので
年寄り株の譲渡もない

なので引退届けで全く問題ない
--------
芝田山さんは記者会見で「 芝田山親方は「貴乃花さんが“引退届”と呼んでいるものに二重線を引っ張って“退職届”とするだけでもいいのに、同じものだと考えてほしいという上申書を送ってきた」とゲンナリ。
※徹底的に貴乃花親方を貶めた「引退届」に対する謝罪は一切なかった!!
傲慢無礼!
公益法人の広報部長!
悔しい!
貴乃花親方の高潔な人格が証明されただけです。

No Name(2018-10-02 04:41)

本当に協会は自己保身がすぎますね。
自分達に都合の悪い情報は流さない、訂正しない。
八角理事長、本当に貴乃花とやっていきたいと思っていたのなら、
どうしてきちんと文書で早く知らせなかったのですか?
どうして自分の一門に所属という選択もあると提言しなかったのですか?
それから付帯条件についての言及はありませんでしたが、そこはスルーですか?
今更遅いですよ。すべてが後手後手。
そもそも横野れいこ氏が、「一門所属は貴乃花を管理するためだった」と、
口をすべらせてしまいました。
今まで優秀なスポークスウーマンだったのでしょうが、最後の最後に失態を演じられましたね。お気の毒としかいいようがありません。

No Name(2018-10-02 05:04)

追記
「お涙ちょうだい」でないのが真の漢であると、親方の会見が教えてくれた。

No Name(2018-10-02 05:01)

悲しくて悲しくて。
貴乃花の弟子は応援したいのですが、これからは貴ノ岩貴景勝貴源治貴公俊貴健斗たち弟子の取り組みだけ応援するにはどうしたらよいでしょうか。
今は八角や芝田山の顔がで出てくるだけで切ってしまいます。

No Name(2018-10-02 09:56)

日本は民主主義国家ですよね。
ならば、相撲協会がこのようなおかしな事をしているのが明白なのだから、
政府機関が調査に入るのが常識だと思っています。調査のお願いはスポーツ庁と内閣府にメールでしました。多くの人が要望を届けていると思います。
もしどこの政府機関も調査に入らないのであれば、
私の考えがおかしいのかと頭がおかしくなりそうです。
相撲協会は無法地帯の独立国家ですか。

No Name(2018-10-02 11:17)

本当に協会に不利益な行動をとっているのは誰なのか。
協会員やその周辺の人たちは今からでも、よく考えて、
良心に従って行動、言動してほしい。

No Name(2018-10-02 11:28)

この項目で、古賀茂明氏の論説「貴乃花引退で記者クラブは潰した方がいいと思う理由」を紹介してくださった方がありました。読んでみて、納得しました。おおぜいの方に読んでいただきたいです。
昨年の事件の際、マスコミの報道のありかたに、なんともいえない気持ち悪さをおぼえ、なぜ貴乃花親方をよってたかって批判するような、論点ずらしをしているのか、あの人もこの人も、と大疑問でした。なんだ、このあり得ない展開は!と。
大相撲をスポーツとしてだけでなく、文化的な側面にも関心があったので、私は相撲にまつわる書籍もたくさん読み、メディアに登場する相撲愛好家たちの相撲ばなしも楽しんできました。杉山元アナ、やくみつる氏、デーモン氏、能町氏、その他いろいろ。しかし、彼らもあの時、協会擁護の発言や、曖昧な表現や、親方批判の論を展開していました。なんらかの利益を得ている相手の批判はできない、そういうことかと、世知辛さを感じさせられました。
正面切って、親方の提示した問題をとりあげ、きちんと究明しない、テレビ局の制作態度。これには、いったいどういう力がはたらいているのか、多くの方がそう感じたと思います。しかし、ただの一相撲ファンとしては、私も、テレビの論調をそのまま信じている方に、「そうじゃなくて、」と伝えることしかできませんでした。いつかは、正しい方向に向かうだろうと希望を抱きつつ。
ところが、現実はさらにさらにあり得ない、「相撲界の至宝、貴乃花」が、志半ばにして去る、ということになりました。

今回のことは、単なるスポーツ界の事件などではなく、これから世の中がどうあるべきか、ということにかかわる、深い問題が横たわっていると思います。
親方の今後の活躍を応援しつつも、これで「クリア」(大見氏の発言)などとせず、
理不尽を許さない態度が、人々に求められています。

古賀氏の論説、および貴乃花親方の自伝「生きざま」を、皆さん是非ご一読ください。

No Name(2018-10-03 00:23)

私も読見ました。twitter で拡散されています。

No Name(2018-10-02 22:25)

◇貴乃花親方バッシングに見る相撲協会とマスコミの「狂気」2017.12.28
https://diamond.jp/articles/-/154602

◇相撲協会の隠ぺいに国会議員も加担か 2018-02-12
https://ameblo.jp/jfkrfk/entry-12352156281.html

◇【貴乃花親方引退騒動】法匪に騙された芝田山理事の暴論
青沼隆郎の法律講座 第14回 2018年09月27日 14:51
https://www.data-max.co.jp/article/25171

◇2018年9月28日 20:02 -
http://xn--2ch-2d8eo32c60z.xyz/archives/12366038.html
公益財団法人日本相撲協会
定款第8章46条
相撲部屋における人材育成業務委託

貴乃花親方は
雇用契約ではなく委託契約
雇用契約なら退職届け
委託契約なら引退届けで問題ない

1代年寄りなので
年寄り株の譲渡もない

なので引退届けで全く問題ない

◇(元通産官僚)古賀茂明「貴乃花引退で記者クラブは潰した方がいいと思う理由」
連載「政官財の罪と罰」2018.10.1 07:00
https://dot.asahi.com/dot/2018093000021.html?page=1
・一門制度は八百長の温床
・ガバナンスというなら一門義務化をなぜ隠した
・典型的パワハラ事案
・「いじめ」を記事にしない異常
・公益法人を剥奪すべき
「貴乃花は協会だけでなく、記者の忖度とも戦ってきた」

◇それでも貴乃花親方を叩く人たちをつくりだす「事大主義」という病 2018.10.02
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1810/02/news028.html

◇今朝(10.02)日本テレビ「スッキリ」見ていました!

東京相撲記者クラブ会友の記者・大見信昭氏
貴乃花退職で「相撲協会は大きな試練をクリアした」???

MC・加藤浩次さん
大見に「まず相撲記者クラブなくしましょう。」
大見 「いやいやそれじゃ私の行く所がなくなります。」

No Name(2018-10-03 11:54)

前略
分かりやすくまとめてくださりありがとうございます。すっきり、私も見ていました。公益財団法人は数十万の税金しか払っておらず、浮いた数億はどこに行ったのでしょう? 理不尽な貴乃花へのバッシングを見ていると、内部留保だけでなく、色々なところに羽根をつけて飛んで行ったのかしら? と一般常識で考えればそうなりますね。貴ノ花への言動を見ていれば、羽根が飛んできた人がそうでない人か、分かるかもしれません。あくまで一般常識内での想像です。古賀さんの記事を紹介して下さった方ありがとうございました。お金の流れはともかく、このまま政治家のまっとうな指導がないのなら、公益財団法人は返上すべきでしょう。

No Name(2018-10-03 18:10)

やくみつるが、相撲協会にはいろんな利害がからんでいる。と言っていましたね。
内部に関わっている方過去に関わっている方はご存じでも、言わないのですね。
情けない。
ほころびがでてこないと。理不尽がまかり通るわけはない。

No Name(2018-10-03 00:18)

八角理事長の会見。
相撲記者クラブの大見さん、スッキリ 10/2日本テレビの発言、私も見ました。
相撲協会に言論統制されていることを、ハッキリ認識でしました。

この大見さんは午後 TBS ひるおび! でも出演していました。
本筋から外れた発言に対して、スポーツライター 二宮清純さんが胸のすく様な指摘をされましたし、八代弁護士も大見さんの発言の問題点をしてきされていました。
他のワイドショーと違って、真っ当な内容でした。

それから、10名の貴乃花部屋のお弟子さんたちが千賀ノ浦部屋に引っ越しの様子。ネットの記事を読んで、外出先でしたが、もう😢😓😥😰涙が止まりませんでした😢

No Name(2018-10-03 00:43)

私も外出先で千賀ノ浦部屋への引っ越しの様子をネットで見ました…
みんな頑張ってほしい!
千賀ノ浦部屋はよいが、二所ノ関一門の中でまた辛い思いをするのではないか、嫌がらせを受けないか心配になります。

No Name(2018-10-03 02:44)

同感です。千賀ノ浦部屋の皆さんとしっかりタックル組んでほしいです。
人数増えて出稽古も余りしなくて良さそうと、千賀ノ浦親方も仰ってたいました。
貴乃花親方がいつまでも相談相手になってほしいです。

No Name(2018-10-03 00:36)

貴乃花親方の応援サイトなのに、こんな内容の投稿をすることをお許し下さい。

2日の午後の番組に花田憲子さんが出演されていましたね。
貴の岩が優勝した時の貴乃花親方の様子が報じられている時に、涙を流しておられ、ご自身がおかみさん時代の安芸乃島の優勝時のことを思い出したと話されました。

震えが止まらないほど嬉しかったと・・・
なのに今、安芸乃島は・・・

このあとは、言葉を飲み込まれましたね。

現在の高田川親方のことですね。
私はどうしてもこの親方の、この名前を吐き出したくて仕方ありませんでした。



No Name(2018-10-03 13:20)

 同感です。
 高田川が、相撲部屋に入った貴乃花を虐め倒し、引退してからもいじめ抜いた張本人。貴乃花親方を追い落とした高田川と錦戸を、審判部副部長に!さらに役員待遇に昇格。貴乃花追及に貢献したことへの八角理事長からの論功行賞。
 貴乃花親方は審判部で孤立させられ、阿武松審判部長、高田川副部長、錦戸副部長に囲まれてどんなことをされたか。特に高田川から陰惨ないじめにあったことは想像に難くない。
 お辛い中、耐え抜かれ、弟子の成長一筋に闘われた親方の強い心を思うと…

No Name(2018-10-03 22:41)

引っ越し時の貴公俊の涙、。「貴」の字ははずさないとの表明。今まで親方との不仲という「フェイクニュース」を流していらしたマスコミの方々、訂正記事も出さず、謝罪もせず、メディア人としての矜持はありますか? それとも誰かにたのまれて、誤解を招く記事を書いているのですか? 自分の仕事を子供に誇れますか? ともあれ稽古が始まったとのことでホッとしています。千賀ノ浦親方、急な変化で色々ご苦労もあるかと存じますが、部屋のますますのご発展を祈念致します。

No Name(2018-10-04 11:28)

今、文部科学省へ、相撲協会執行部並びにその周辺の者の不正行為の調査のお願いをメールで送りました。内閣府にも一通、文部科学省へは今回、二通目です。何の力もない一般人にはこんなことしかできません。いまだに、監督すべき、行政機関が動かないことに、怒りを覚えます。

No Name(2018-10-04 17:34)

素晴らしいですね。
応援メッセージと理不尽への書き込みしかできなくて申し訳ないです。

No Name(2018-10-04 19:45)

申し訳なくなんてないですよ。でも私はただの一般人ですが、できることはやるつもりです。内閣府で検索して、私も調査のお願いをずっとしています。今は次の参院選へ親方をスカウトしてもらうようにメールしています。選挙に出るか出ないかは政党やご本人らが決めることですが、親方支持の多いことを、政治家のみなさんに知って欲しいからです。(もちろん不正行為が表に出れば一番良いです)そして政治家の中にも義侠心? のある方のいることを信じたいからです。

No Name(2018-10-04 19:58)

ありがとうございます。宜しくお願い致します。

No Name(2018-10-05 09:28)


論説「貴乃花引退で記者クラブは潰した方がいいと思う理由」を私も読みました。

記者クラブのメリットがどれほどのものなのかわかりませんが、デメリットも相当大きいように思いました。

紙媒体のスポーツ新聞は読んだ事がありません。ですが、この度はスマホでたくさん読みました。多くの女性が、さまざまな層の方々が、長期間に亘って、各社のスポーツ記事を読まれたのではないでしょうか。

偏向報道と報道いじめ、こうした感想が疲労感と共に残っています。

その原因が記者クラブにあるとすれば、報道各社の方から再検討をされたら良いのではないでしょうか。

事実を知りたい、真実を読みたい。
各社の視点で、理念に基づき、記事を書いて下されば、こんな事にまでならなかったと思います。

返す返すも、貴乃花親方の宝の損失は大きく残念でなりません。

ですが、今となっては、その代償に見合った成果を
上げて頂くこと、
こちらをお願いしたいと思います。

No Name(2018-10-05 12:40)

訂正:その損失に見合った代償としての成果を、
でした。本当に秋に泣いてしまいましたが、春には暖かい気持ちになるといいですね。

いい機会だと思い、
今回の事を避ける方法はなかったのかと
自分なりに自分も考えますが、記者クラブの事もよくわからないし、ましてや報道の事もわかりません。
一色にならずに、多様な見解がもっと聞けたら良かったのかもしれません。


※投稿したコメントの編集の仕方がわかりません。pando様、ご指南くださいませ。

No Name(2018-10-06 10:39)

今、日本相撲協会の公式ツイッターが大変なことをしたらしいです。
皆さん、見に行って確認してください。すぐ、削除したらしいが発見された方が
画像に残しておられます。

No Name(2018-10-06 23:06)

私もコメントさせて頂きました、「レイコの虚偽、中傷について」の欄へ。これは本当の事なのかしら?ニセHPはいくらでも作れるから。これが本当なら由々しき事です、公式ツイッターですから。

No Name(2018-10-07 18:02)

貴乃花応援会のおかげで、「横野レイコ」の虚言がツイートされ拡散されています。

こんなに晴れやかな気持ちになれる日が来るとは!

これからは公共放送で、貴乃花親方への「嘘の発言」、「貶める発言」はできなくなります。
ありがとうございます!

No Name(2018-10-08 11:34)

私は昨年の暴力以降のマスコミの貴乃花親方へのバッシングに辟易して暗澹たる思いでいました。
その中で4月頃に、【「貴乃花親方は悪くない】を見つけ、やっと正しい評価をしてくれる人がいたんだと、いたく感動しました。時々読み返しています。
------
https://ironna.jp/article/9305?p=3

相撲協会の「パワハラ」に耐え抜く貴乃花親方の男気
『小林信也』
(最後に)
幸い、3月28日の年寄会では、「貴乃花親方の契約解除を求める決議」までは出なかった。安堵(あんど)するというより、そんな理に合わない怒りをあらわにする次元が悲しすぎる。
「大相撲を発展させたい」「角界を変えたい」と声を上げた人間を、たとえ「意見が合わない」「その改革が実施されると自分の権益が失われる」といった不利益があったにせよ、寄ってたかって攻撃する構図は、旧態依然とした相撲協会の「縄張り意識」が根底にあったと言えよう。

 一連の騒動を振り返って、<貴乃花親方の信念が封殺される状況を歓迎してはならない>、とつくづく思う。貴乃花自身の「完敗宣言」に乗じて、
<まるで「自分たちが正しかった」と図に乗るような輩がのさばる世の中に未来などない。>
----------
これは今も同じです。
全く変わらない相撲協会。そしてマスコミ。

貴ノ岩の担当弁護士が決断された訴訟についてもいろいろ書かれています。
「訴訟金額が大きすぎる」などと言う、被害者への思いやりなどかけらもない弁護士がのさばっている日本。
どこからの圧力で言っているのか。
恥ずかしくないのか。
将来、自分の行った言動で悪夢にうなされる日が来るのではないか。

貴ノ岩への非道なる仕打ちを見て、堪えかねて、立ち上がってくださった弁護士の方々が訴訟せざるを得なくなった状況に追いやった「張本人を叩かず」、
被害者の貴ノ岩そして貴乃花親方を叩くマスコミを見ていて情けない。

理不尽な仕打ちに遭っている人に、味方になるのが本来の誇りある日本ではないか。
日本の指導者、見識者と自負する方々は声をあげていただきたい。

No Name(2018-10-18 01:34)

法律に詳しいらしい人のツイッターで指摘されていた、6月30日付の「監事監査報告書について」という文書を相撲協会のホームページからたどって見てみました。

それには宛名が書いてありません。これではだれに対して発信した文書なのかわかりません。また、発信者も責任者の名前が明記されていません。調査を依頼した、弁護士事務所の名も担当者の名も書かれていません。また、調査結果の根拠の説明も一切ありません。
このような文書に効力はまったくないと思います。このような杜撰な文書で自分たちの正当性が確証されたと思えるような、一部の一般常識のない人たちが今の相撲協会を支配してると思うと、とても恐ろしいことです。
さらに、前回の年寄総会で「つるし上げ」あるいは「恫喝」の先頭に立った人を出世、昇進させるなんて、常識がないだけではなく、心も健全ではない人たちだと思います。
 なんとかして、常識のある、健全な心の人たちが運営する、組織に変わってほしい。変えてほしい。今のままでは、頑張っている、力士達がかわいそうです。

No Name(2018-10-18 10:28)

上記に付け加えです。
その文書は、外部の弁護士事務所の調査の結果、「理事の職務執行に関する法令・定款等の違反に当たる事実は認められなかった。」とし、当協会も同じ認識を有すると述べています。
ということは、相撲協会は6月30日付で「貴乃花理事を含むすべての理事に違反行為はなかった。」という認識になったということになりませんか。
この文書について問われた際の責任逃れのために、この文書の責任者名が書かれていないのかもしれません。常識的には、理事長の名が書かれるところでしょう。

また、問題点を指摘した、神山敏夫氏以外の二名の監連名の2月28日付の文書にも「理事に不正行為または法令若しくは定款に違反する事実は認められない。」と述べられています。どこにも貴乃花理事以外の理事とは記されていません。変ですねぇ。

No Name(2018-10-18 10:31)

訂正です。
二名の監連名ではなく、二名の監事連名です。


貴乃花 応援会 さんに関心を持たれた方へ


採用検索 - 詳細条件の設定