【八幡中央高校を訪れる】

皿倉山の麓、八幡西区と東区の境に、八幡中央高校はあります。
RKBラジオ「後輩への手紙」の収録でお邪魔しました。
今回の先輩は、職業人が学校で自分の仕事を語る、あの「夢授業」を発案し、全国に広げている木原大助さん。
-
意外にも、小学校1年生の時の“心の傷”ゆえに引っ込み思案、人前でしゃべれなかった木原さん。
高校の文化祭で、仲間たちに支えられ、ようやく人前でも自然に動けるようになりました。
-
1人では踏み出せなかった一歩が、みんなに背中を押してもらえたことで進めることができたそう。
今日の在校生、平井ゆきさんもまた、なかなか自分に自信が持てないと言います(いやはや、とってもしっかりしたお話ぶりでしたが。)。
-
どうやって自信を持てる自分になれるのか?先輩の経験談をもとに、世代を超えて語り会いました。
-
自分の弱さは誰かの力になる。
弱い部分を補いあって仲間が1つになり、お互いの長所を発揮できる。
そんな原点を思い起こさせてくれる2人の出会いと対話でした。
-
詳しくは、11月に放送予定の番組にご期待ください。
お楽しみに!
八幡中央高校の生徒さん達、先生方、ありがとうございました。


関連記事