自己紹介~千葉一絵~

4 学生団体 ToKu 自己紹介

いいね

はじめまして

千葉一絵(ちばいちえ)です

 

アタクシ、あまり自分から仕事を引き受けたりするタイプじゃないので私が自分からこの文章を書きたいと言ったら、Toku内では

 

 

「え、一絵が仕事をやりたいだって?」

 

「クララが立ったぐらいの感動だ」

 

 

というやり取りが繰り広げられていたそうです。

クララが立ったぐらいの感動だって!元号が変わることよりなかなか無い事なのでは?!?

 

 

変な団体なんですよ、みんな物好きだなと思ってる

(良い意味でね)

 

 

アタクシ、もしかしたらこれ以降こういう文章書かないかも知れないので少し長めに書きます。

物好きな方はお付き合い下さい。

 

 

 

岩手県陸前高田市の小さな寺で18まで過ごしました。実家はTokuの合宿の本拠地になりがちです。

あ、Tokuホームページにて我が家のアイドル“たび”もメンバーとして登場してるので是非チェックして下さい。めちゃくちゃ可愛いんで!

 

高校は最近164キロを投げるで有名な佐々木くんと同じ大船渡高校出身です。えっへん。

 

 

 

Tokuに入ったきっかけは、高校の時に作ったイベントの企画とビジコンのプランを第1回さんりくるっとで展示した時、それを見た現在イスラエルにて奮闘中の須田隆太朗くん当時(18)に誘われてTokuに入りました。

 

きっと彼は私のアイディアを見て面白いと思ってくれたのだと思ってます。そうでなかったら時差を確認しながら夜中に電話をかけてやりたいな。

 

あそこで声を掛けて貰わなかったら私の大学生活、多分200文字で書き終えるくらいの内容だったでしょう。週に一回は飲んだくれて道に寝転ぶ大学生活が想像出来ます。ありがとう須田、君が声をかけてくれたことでTokuに入って200文字なんかに要約出来ないたくさんの経験ができているよ!

 

 

 

Tokuの仕事としては、現在アタクシ調理部門に所属しています。1年目の時も食部会だったんですが、多分みんなは分かっただろう。私は現場向きだとね!

だから今年も調理なんだろうなと思ってます。

メンバーもとっても面白い人達ばっかりなので電話会議すら愉快です。愉快。

 

また、Tokuは震災の記憶と上手く付き合える場です。震災のことを思い出したり、誰かに話さなきゃ行けない時、当時の自分と今の自分と向き合わなければ行けないと思っていて、自分から沢山話すのを避けてきたのですがそんな記憶や葛藤ともある意味ガッツリ向き合う環境であるけど、その度に考えを整理できるし、その話を聞いてくれる仲間もいる。だから今までやってこれてるんだと思います。

 

Tokuの活動を通して、本当に東北が大好きだから東北に興味を持ってくれた人に沢山魅力を伝えたい!

最終的には一緒に東北を回って、お世話になった素晴らしい東北の人達を紹介したい!

 

 

 

アタクシ、そんなことを思いながら活動してます。

小っ恥ずかしいので終わりますね!

拙い文章、大変失礼致しました!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

団体公式SNS、HPもぜひご覧ください!

Twitter   @ToKu_withus

インスタ @toku_000

FB         学生団体ToKu

HP         http://toku-withus.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



アカウント登録をするとコメントを書くことができます

関連記事