三陸のお祭り紹介〜盛町七夕灯ろう祭〜

学生団体 ToKu

いいね

こんにちは、ToKuの桑田です。

今回は8月の頭に代表川嶋と名誉顧問川面が参加してきた、

盛町灯ろう七夕祭りの感想について聞いてみました。

以前投稿された紹介記事もぜひ読んでみてください。



ーこのお祭りではどんなことをしてきたんですか?

9つある行政区のうち、私たちは「上木町」という地区で参加してきました。

昼の部では、「よぉいよいどぅ」の掛け声とともに山車を引いて、

お祭りのエリア全体を練り歩きました。


昼の部が終わって、夜の部まで少し時間があったのですが、

そのタイミングで地元の方の家に招いていただき、

食べきれないほどのご飯をごちそうしてもらいました

(7人で頑張ったけど本当に食べきれなかった、、)


夜の部では昼にも引いた山車をライトアップして

お祭りのメインストリートを練り歩き。

このライトアップのやり方は蛍光灯を使ったり

ろうそくを使ったりとその地区によって変わって、

上木の山車はろうそくタイプです。

ーろうそくって本物の火を使うんですか?

もちろん。

なので万が一がないように見張ってたり、

ろうそくが短くなってきたら交換したり、

っていうお仕事があるんですが、これが大変。

夜とは言え、8月の晴れの日に360°を火に囲まれるとめっちゃ暑い


それでもめっちゃ綺麗なんで毎年参加しちゃうんですけどね、今年も良かった

ー川面さんは今回が5回目の参加だったそうですね

一緒に上木に参加してる人の中には7回目の参加って人もいるんですが、毎年毎年一緒にやらせてもらえて本当に楽しいし嬉しいです

残念ながら今回は8/7だけの参加だったので、来年はまた去年とかと同じように準備日から参加したいですね




同時期に2人が参加してきたもう一つのお祭り記事はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitter   @ToKu_withus

インスタ @toku_000

FB         学生団体ToKu

HP         http://toku-withus.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



アカウント登録をするとコメントを書くことができます

関連記事