中国研修無事終了のご報告

4

いいね

こんにちは!

日中交流サークル桃花会TAHU

です。先日9/12〜9/17の6日間中国の北京・天津にて、第1回中国研修を行いました。

改めて、この研修を開催するにあたり沢山の方のご支援やアドバイスをいただき無事に終えられたこと感謝しています。



〜中国研修プログラム内容〜

☆1日目

中国に到着!!!

この日は万里の長城付近に宿泊し、ホストの方の温かい歓迎に初日の緊張もほぐれました!

☆2日目

かの有名な万里の長城に登りました。

万里の長城の最終地点では、この研修全体の目標と各自の目標を述べ合いました!

万里の長城から北京市内のユースホステルに移動!

市内観光をして、大都市北京の息吹を感じました!

☆3日目

待ちに待った現地学生との交流!

北京大学医学部と北京の大学を中心としたボランティアサークルピアスマイルの皆さんと交流会を行いました!

夜は京劇を観ました!感動のあまり涙する人も…

☆4日目

前日に交流した北京の大学生と班ごとに分かれて北京市内を観光しました!

一日中一緒に過ごしとても仲良くなりました。

最後は北京ダックを桃花会と北京の学生で囲み、日中の学生同士壁なく交流しました。

☆5日目

日本の新幹線のような感じの高鉄という鉄道に乗ること30分、天津に行きました!

天津では天津財経大学の学生と市内をめぐり交流を深めました。

夜は天津駐在の社会人の方から貴重なお話を伺い学びの多い時間を過ごしました。

北京に帰ってからは研修の総括を行いました。

☆6日目

会はこの日にて、無事終了いたしました。


後日また1日ごとの詳しい記事を書かせていただくので、そちらも是非ご覧ください!



〜中国に行ってみて感じたこと〜

・人の温かさ。


外国人として中国にいると、制度や言葉の壁からうまくいかないことも多かったですが、その度に助けてくださる方がいて人の温かさを感じました。


・とにかく広い。

観光地に行くと一つ一つの敷地が大きくて驚きました。また道路も車線6車線ぐらいありとても大きな国だと感じました。


・喧騒。

バスに乗ると大声で喧嘩しはじめたり、動画を見ている人がいて自由な大らかさを感じました。


・道を渡る時が大変。

車がびゅんびゅんくるので自分の身は自分で守るということを感じました。


・中国語を上達させたい!

学生と交流した際やお店の店員さんや運転手さんなど、沢山の人と中国語で話す機会がありました。自分の中国語が通じた喜びもありましたが、と同時にさらなる自分の中国語レベルの向上の必要性を感じました。


この研修中に感じたことを今後の勉学にも生かし、中国にあまり興味を持っていない人にも魅力を伝えていけたら嬉しいです。




私たち桃花会は1月に発足し、その時からずっと中国に行き現地学生との交流や中国に実際に出向けるプログラムを開催したいと思っていました。今回このように充実したプログラムを無事開催できたのも、Pandoを通して行ったクラウドファンディングがあったからできたことでした。ご支援くださった皆様本当にありがとうございました。


これからもこのサークルが多くの皆様からの信頼を得て応援していただけるよう精一杯頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。



アカウント登録をするとコメントを書くことができます