杉本仁選手と3年ぶりの対戦 K-1 Krushクルーザー級トーナメント準決勝

5月18日
後楽園ホールにて、k-1 Krushクルーザー級トーナメント準決勝が行われた。
対戦相手は
去年世界トーナメントで同率3位になった、
ストロングマシーン杉本仁
実は三年前に一度試合をしていて
ギリギリの判定でなんとか勝利。
この3年で体格もキャリアも変わってるし積み上げた三年間はどっちが上なのか試されるような試合。

そんな試合前、大事な時期の1ヶ月前に

体調不良。

熱も39度を超える

心臓も苦しい

呼吸も苦しい

頭も割れそうなくらい痛い。

1週間寝込む。

治ったと思えば

次は右目が痛い

開かない。

見えない。

長い長いGWで病院も開いてない。

探して空いてる病院行くも

先生には

分からない網膜移植が必要かも!!!

と言われる。笑

アホくさいやつやったんで

GWが開けてちゃんとした病気へ行くと

ストレスや疲労などからくる

ヘルペスだと

ウイルスが周り網膜が傷付いてる。

それ用の薬をもらい一安心。

ではない。

2週間全然練習出来てない。

試合までバタバタ練習、せめて体力だけでも付けないといけないが

実は、先日まで通ってたジム解散して

練習場所ない!!!

この負の連鎖やばくない?!?!?!?!?!?笑

なんとか昔お世話になってたトレーナーに10間で仕上げてくださいとお願いしたらばっちり。

完璧に10日で仕上げてくれた。

本当に感謝です。

練習も1人じゃ妥協してしまいそうな時もあるんで田中さんが(著者)(スポンサード)(メインセコンド)朝練に来れる日は毎日

つきあってくれて、

支えられてんなーなんて思いながら、

目が痛く苦しんでる俺を見ながら

今過渡期だから絶対大丈夫🙆‍♂️

と喜んでる。

田中さん。

スパーリングも一回もしないで

試合、不安です。

と弱気な俺。

田中さん曰くロッキー4も同じような逆境でスパーなしで勝ってるから大丈夫的な、

それで迎えた試合。


1R目始まり、スピード感こそあまり変わってないもののパワーが全然違い
驚いた!
しかし1R終わり相手の狙いが読めたので
2R目は勝負に出れた。
結果右ストレートでKO勝利。
めっちゃ嬉しかったけど
試合前の会見やらで
倒して当たり前て言ったし、、
喜んだら当たり前じゃなさそうだけん、、当たり前感を出そうと余裕ぶる演出。w


とりあえず決勝進出が決まりました。
タイトルマッチの相手はRUI選手。


彼とは10年前福岡の北九州市小倉という街にあるキックボクシングジムで出会い、

当時彼は高校3年生

俺は一つ上で大学1年生

お互い遊びで始めたキックボクシングだかやたら自信があったせいか試合に出てみたくなり

アマチュア大会参戦!

連戦連勝MVPも頂いて何故かプロの世界へ。

気付いたら同じ大学w

気づいたら同じジムでトレーナーのバイトやってるw

でもトレーナーではRUIが先輩。笑

どうしても上を目指したく四年半前に上京。

RUIは5年前かな。

いつも一緒に酒飲んで一緒に練習して一緒にバイトして

1番取ろう!!!なんて

そんな話がさ、まさか俺らで1番取り合うなんて。

別で取りたいやん、普通。

そういえば同じもの追ってたんよね。


そんな彼とのタイトルマッチ

ストーリーあるよね。

このストーリーはさ、誰かに書いてもらう。笑


決勝は8月31日

後楽園ホール18時開始!!!!!


そして今書いてるブログPandoを皆さんよろしく!!

なんとなんとK-Jee選手。
俺な!
「Pandoのアンバサダーに就任しました!!!!
学生のみんなに情熱を与える存在として僕も頑張ります。一緒にPandoを盛り上げていきましょう!」

よろしくーーー(//∇//)


いいね

関連記事

MENU