貴乃花さんも参加!福岡県田川市「炭坑節まつり」参加レポート

150

いいね

2018年11月3日(土)、4日(日)に福岡県田川市で開催された「第13回TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~」。

貴乃花さんも参加されるということで、貴乃花応援会も福岡へ!

残念なことに初日しか参加できませんでしたが、当日の貴乃花さんや旧貴乃花部屋力士たちの様子の一部をレポートいたします。

TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~とは?

かつて筑豊炭田の中心地として栄えた福岡県田川市。中でも「三井田川鉱業所伊田竪坑櫓」は、国登録有形文化財(建造物)に登録され、現存する明治期の竪坑櫓としては国内最大規模。今もなお力強くそびえ立つ「二本煙突」とともに、田川のシンボルとして親しまれています。

 そんな炭鉱の町、田川は「炭坑節発祥の地」としても有名。炭坑節と聞いてピンとこない方でも

「月が~出た出た 月が~出た~ ヨイヨイ」


お祭りや盆踊りでおなじみのこのフレーズであれば耳にしたことがあるのでは? 実はこの歌こそが炭坑節なのです!

TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~は、炭都田川と炭坑節の歴史や文化を体感できるイベントとして、平成18年度から開催されており、今年で13回目を迎えます。

炭坑節の歌と踊りの披露はもちろんのこと、小学生力士たちによる「チビッコ相撲大会」や「力士とのふれあい相撲」も見どころのひとつ!

旧貴乃花部屋では、2012年に福岡県田川市にある「相撲茶屋貴ノ花」の敷地内に宿舎と稽古場を構えて以来、親方・力士とともに毎年参加する恒例イベントとなっており、今年も多くのファンが集いました。

約5時間!スタッフとして綿菓子を作る貴乃花さん

諸事情あり、開会から1.5時間遅れで会場に到着した私たち。 

入り口からほど近いテントに、報道陣と来場者が群がる一画が。近づいてみると、なにやら真剣な様子の貴乃花さんを発見! 

なんと、貴乃花さん自ら綿菓子を作っているではありませんか! 綿菓子作りに奮闘するあまり、髪も腕も綿菓子まみれ。この日は「たがわ魅力向上大使(tanto大使)」として、運営サポートに徹していた模様。私たちはお会いできませんでしたが、千賀ノ浦親方もいらっしゃったようです。

紋付袴やスーツ姿とは打って変わって、この日は比較的カジュアルな装い。時折、周囲のスタッフと談笑しながら約5時間にわたって綿菓子作りに専念されていました。

まるで職人のごとく綿菓子を作る貴乃花さんですが、子どもたちを前にすると温かい笑顔に。 

しっかり子どもたちの顔を見て手渡す姿が印象的でした。 

このような形でのふれあいは、ファンや子どもたちにとっても嬉しいサプライズとなったことでしょう。

旧貴乃花部屋力士たちの元気な姿も

会場では千賀ノ浦部屋に移籍した、旧貴乃花部屋力士たちともお会いすることができました。

移籍後はじめてお会いしましたが、皆さま元気に過ごされているとのこと。秋巡業を終え、さらに一回りたくましくなられたようです。

さらに、一ファンとして写真撮影をお願いしたところ、快く応じていただき……感謝感謝、宝物にします!

[貴景勝関、貴源治関、貴公俊さん、貴健斗さん、貴大将さん、貴正樹さん ありがとうございました!]

この日は別段役割があるわけではないようで、皆さん食べて食べて食べて……とにかくよく食されていました。「食べるのは力士の仕事」と言いますが、さすがです。

イベント後の11月11日(日)からは大相撲十一月場所が始まります。今回のイベントも、九州宿舎での稽古の合間をぬって参加されているのだとか。貴乃花部屋改め、千賀ノ浦部屋力士の皆さまを引き続き応援しましょう!

土俵では小学3~6年生によるチビッコ相撲大会が開催!

貴乃花さんの綿菓子ブースに次いで賑わいを見せていたのが「チビッコ相撲大会」。 

[運営テントの奥には力士たちの姿も]

田川商工会議所青年部が主催するこの大会は、田川市郡の小学3~6年生を対象にトーナメント方式で行われます。「学校別団体戦」と「学年別個人戦」の2種類があり、会場を大いに盛り上げました。

昨年までは貴乃花部屋も協力していたものの、今年からは千賀ノ浦部屋・浅香山部屋・田川相撲連盟のサポートで運営されるよう。特別審査員には、浅香山親方の姿がありました。

「チビッコ相撲」とはいえ、その取組は迫力満点。 

特に学年が上がるにつれて、ぶつかる強さはより激しさを増します。体の大きさを活かした相撲を取る子、細身ながら俊敏な動きで勝ちを治める子等、すでに相撲の取り口には個性が現れており、観客からも思わず「おぉっ!」と唸る声が漏れ聞こえていました。 

各部門の優勝者には「横綱」の称号とトロフィーが贈呈されます。さらに副賞として、浅香山親方より自転車も!

しかし自転車よりも子どもたちの心を奪ったのは第3位「関脇」に贈られる「お菓子詰め合わせ」。 

40リットルは入るであろう巨大なビニール袋いっぱいに詰められたお菓子に、優勝の横綱も思わず「お菓子いいなぁ~!」と羨望の眼差し。チビッコ相撲らしい、微笑ましい一幕も垣間見ることができました。

福岡県のグルメや炭坑節の歌と踊りも楽しめる!ファミリーにもおすすめ

せっかく炭坑節まつりに足を運んだのなら、福岡グルメも見逃せないところ。 

「福岡らしいものが食べたい!」ということで、北九州市から来ているという「くいだおれ本陣」さんの味噌もつ煮込みうどんを食べてみました(写真左)。 

味噌の濃厚な風味とトロットロでやわらかいモツは絶品!

他にも、シカ肉まんや炭鉱ソフトクリーム等、東京ではあまり目にしない一品も多数見かけました。ご当地グルメが味わえるのも、イベントの醍醐味ですね。

この日の夜は竪坑櫓と二本煙突がライトアップされる中、子どもたちのメッセージが書かれた灯籠に明かりを灯す「TAGAWAキャンドルナイト2018」が催されました。子どもが遊ぶスペースも存分に確保されているため、ファミリーでも楽しめるイベントとなっています。

貴乃花さんの愛する福岡県田川。来年の炭坑節まつりは、ぜひご家族で足を運んでみてはいかがでしょうか?

貴乃花さんの活動を応援しよう!

貴乃花さんと旧貴乃花部屋力士たちが一堂に会したTAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~。

ファンにとっても特別なイベントになったことでしょう。2日目にご参加された方がいらっしゃいましたら、当日の様子などをぜひコメントでご共有ください!

今後も貴乃花さんの夢でもあるチビッコ相撲や子ども教育の実現に向けて、貴乃花応援会一丸となって支援して参りましょう。



wain (2019-02-28 15:09)

皆さんこんにちわ〜!
2月も今日で終わりですね。
3月2日(土)4日(月)と貴乃花さんが日テレの番組にご出演されます!
それぞれの番組内容は↓ですが、3月上旬東京で行われる子どもたちとのイベントのことも、語られるのでしょうか?

>http://www.ntv.co.jp/program/detail/21876309.html
メレンゲの気持ち[字]【貴乃花光司が登場!独身生活&再婚激白!休日に密着】
放送日時03月02日(土)12:00~13:30

番組内容
貴乃花光司が今の独身生活&再婚激白!超貴重!休日の様子を大公開!ガリットチュウ福島と初共演!W貴乃花が実現▽古市憲寿のこだわり詰まった自宅&友人登場で素顔暴露
詳細
貴乃花光司が登場!独身生活&将来&再婚…全て語る!超貴重な休日映像も大公開!ガリットチュウ福島と初共演でW貴乃花…驚きの一言を&相撲時代からの同期が登場▽古市憲寿は実はへなちょこ!?友人登場で素顔明かす!こだわり詰まった自宅も公開!古市を炎上男にしたある人物とは?▽一児のパパ陣内智則が娘のお食い初めを公開&奥さんとの関係は大丈夫?


>http://www.ntv.co.jp/program/detail/21876375.html
成功の遺伝史3時間SP第6弾[字]MCたけし上田晋也▼伝説QUEENメンバー直撃成功
放送日時03月04日(月)20:00~22:54

番組内容
平野紫耀、生田絵梨花、斎藤工、神田松之丞、野村萬斎、堂安律…人生に影響を受けた人物は一体誰?続々発表!たけしVS貴乃花光司!たけしVS平野紫耀…緊張の対面!
詳細
世界に誇る日本人、人生に影響を受けた人物は、いったい誰なのか?様々なジャンルで活躍する今話題の人物を徹底取材!その原点を、遺伝+歴史=「遺伝史」と名付け、成功者たちの遺伝史を紹介!第6弾の今回は!映画「ボヘミアン・ラプソディ」が世界中で大ヒットしたQUEENのメンバー“ブライアン・メイ”&“ロジャー・テイラー”の直撃取材に成功!伝説のバンドQUEENの遺伝史とは、いったい誰?豪華3時間スペシャル!

No name (2019-02-27 13:06)

NHKの大相撲中継では、かつて中入りの時間に、「シリーズ『横綱の矜持』」を特集していたことがありました。毎場所ひとりずつ歴代の横綱ノインタビューを紹介する、この企画を、私はとても楽しみにしていました。その地位を経験した人のみが語れる言葉は、興味深く、また胸を打たれます。
それまでに旭富士、大乃国などがとりあげられ、今場所はとうとう「貴之花」というその日、何の説明もなく、他の話題に差し替えられてしまいました。そうです、件の事件が表面化した頃でした。
翌場所か翌々場所だったでしょうか、実況アナウンサーが、「シリーズ『横綱の矜持』は、本日放送の『北の富士』が最終回です。」と告げました。なんなんだ、これは、と驚いてしまいました。
そこで迷った末、NHKに問い合わせメールを送ったのです。
「何の説明もなく中止になった、貴之花の回は、どうなったのでしょうか。ずっと楽しみにしていた、古くからの大相撲ファンは大勢いると思います。きちんと放映していただきたく切望します。『横綱の矜持』というタイトルにふさわしい実績のある大横綱が、NHKに無視されているように見えてしまい、残念です。中止理由と今後の放映の有無について教えてください。」
回答はありました。状況に鑑み、とのこと。時期をずらし、放映をと考えたが、ますます状況は難しくなり、とのこと。ご理解ください、と。
納得はゆきませんでした。不祥事を起こした本人ではないのに、おかしい。

先日のサンデースポーツでの貴之花インタビューは、その「お蔵入り」内容が加味されていたかもしれません。
今思えば、かの事件は「横綱とは」という点に深くかかわるもの。あの時の放映こそがタイムリーだったように思えてなりません。

こちらでの「異業種交流報告」、いつも納得しながら読ませていただいています。




No name (2019-02-27 19:41)

公共放送のNHKが政治家に忖度する、相撲協会へ忖度するという事はあってはならない事です。「NHK料」の支払いを拒否する事に繋がります。
私もいつの場所だったか、俳優で名わき役の笹野さんがゲストで来られていた場所で、笹野さんが「強烈な印象の名場面(あの貴乃花さんと武蔵丸の優勝決定戦)」で小泉首相の「感動した」を話され、NHKの司会の方が気を利かし「後ほど、その場面を紹介できれば・・・・」という話だったのですが、その日は触れる事もなく終わりました。今か今かと楽しみにしていた相撲ファンが望む放映をしない。という事に非常にがっかりし、腹立たしくなりました。先日のサンデースポーツでの朝青龍が「自身が一番心に残る取組」が「武蔵丸との対戦」で、奇襲戦法で武蔵丸の片足を持ちあげて…白星を上げた一番でした。十両などの小兵力士が得意に話すのであればいざ知らず、横綱まで上り詰めた者が奇襲戦法を得意そうに話す感覚にがっかりしました。あの日馬富士の事件の夜、3人のモンゴル横綱が同席していた。あのとき、横綱としての矜持を問われるべきであったと思います。その横綱たちの親方、相撲協会は再教育する責任と義務がある。

No name (2019-02-27 21:51)

お二人のコメントを読ませていただき、相撲界・NHKの体質を改めて
知りました。分かってはいましたが、大事な言うべきことも言わず、
大事なするべきこともせず、責任逃れのため、責任転嫁し・・・
相撲協会・NHKこの組織体制ほど文科省で指導する教育が
必要でもあります。相撲協会ならば圧力で押さえつけるのが当たり前。
NHKならば万人が見る相撲に協会への忖度が生まれる。
これが黙ってまかり通る。これでは弊害が当然生じます。
日馬富士事件の夜の出来事、同席していた3人のモンゴル横綱に未だに
反省の弁がない・反省の態度がない。横綱の親方・相撲協会は3横綱に
教育をきちんと指導してほしい。人として横綱はどうあるべきかを。
相撲の力だけでなく横綱のあるべき姿。品格。風格。精神。態度。
相撲協会は指導する義務があると思う。

No name (2019-02-27 21:54)

申し訳ありません。あろうことか、上記コメントでの大誤植、「貴乃花」の「乃」をずっと「之」のままで。お詫びいたします。どうぞ、ひらにお許しを。

wain (2019-02-28 01:52)

No name (2019-02-27 13:06)様
コメント有難うございます。
先日のサンデースポーツは”大相撲ファンが選ぶ!「平成の名勝負」
 ベスト20を大発表!”があり1位2位5位と貴乃花さんは大相撲ファンに選ばれ、NHKは貴乃花さんにインタビューせざるをえなくなったということですよね。貴乃花さんの人気は今も健在!と本当に嬉しく思いました。その貴乃花さんはインタビューで堂々と「横綱の矜持」を語っていました。「言葉ではなくて行いとか立ち居ふるまい、それをいかに自然体で、そして土俵に上がれば誰を相手にしても逃げずに戦う、そういったところが私の相撲道」まさにそれを実践していた貴乃花さん、横綱らしい横綱として多くの方々を魅了していましたね。
No name (2019-02-27 13:06)様がコメントで語られたこと、はじめて知りました。まさにタイムリーだったと私も思います。相撲ファンたちがそう思う気持ちと真逆の対応をする、相撲協会、NHK、二人の横綱に元横綱、本当にもうたくさんです!
あのような仕打ちに耐え、貴乃花さんが相撲界のイノベーションに関して、今後もあきらめないでご活躍できますように、微力ですが応援し続けます。

No name (2019-02-26 14:35)

No name (2019-02-25 11:44)さま
No name (2019-02-26 12:04) です。
ただいま異業種交流第6弾をまとめ中です。
No name (2019-02-25 11:44)様には一足早く?、(上)のように、下記(下)も呼んでいただき、ポイントなど教えていただければ参考にします。
日本相撲界のイノベーション(下) 
他競技団体との連携が改革のカギ、元貴乃花親方
上野直彦=スポーツジャーナリスト
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/070800035/021900100 /
よろしくお願いします。

wain (2019-02-26 14:43)

No name (2019-02-26 12:04)様
(下)記事アドレスUP有難うございます。
これから外出で。。なかなかゆっくり読めませんが、私も必ずコメントさせていただきたいと思っています。

No name (2019-02-26 14:44)

申し訳ありません。上記、誤字ありです。上から5行目⇒「呼んで」は「読んで」です。申し訳ありません。No name (2019-02-25 11:44)様の感想コメントはこちら側も「やる気」にさせてくれます。

No name (2019-02-26 14:54)

wain様
No name (2019-02-26 12:04)です。
何をおっしゃいます。wainさんは、いつも、いち早く、コンパクトに気の利いたコメントで、皆を何気にハッピーにしています。
ここは「お互い無理せず」「踏み込みすぎない居心地良い距離を保ち」「お互いが対等に、お互いを尊重し」「謙虚にまず相手の事を理解する事から始める」そして川淵三郎氏やwainさんのモットー「ポジティブ思考」そして目的は「貴乃花さんを応援する」です。常に「貴乃花さんの名前を汚さないよう、貴乃花さんのために前向きに情報発信していきたい」と念頭に入れて、今後ともよろしくお願いします。

wain (2019-02-26 19:04)

No name (2019-02-26 12:04)様
私が皆さんをハッピーにしてるかどうかは定かではありませんが。。
>「お互い無理せず」「踏み込みすぎない居心地良い距離を保ち」「お互いが対等に、お互いを尊重し」「謙虚にまず相手の事を理解する事から始める」そして川淵三郎氏やwainさんのモットー「ポジティブ思考」そして目的は「貴乃花さんを応援する」
↑たしかに最近のここは、No name (2019-02-26 12:04)様のおっしゃるとおりですね。
それぞれがのびのび発言できて、毎日なんとなく楽しく学べて、前向きに貴乃花さんを応援している実感があります。
皆さんに感謝です。
的確な文章力が魅力のNo name (2019-02-26 12:04)様、こちらこそ〜今後ともよろしくお願いします。

↓読みやすいように(上)記事再 UPしますね^^
>https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/070800035/021800099/

No name (2019-02-26 20:24)

「それぞれがのびのび発言できて、毎日なんとなく楽しく学べて、前向きに貴乃花さんを応援している実感があります。 皆さんに感謝です。」
こちらこそ感謝です。貴乃花親方を応援するからには私たちも「楽しく学びながら応援」が理想ですね。

No name (2019-02-26 21:29)

No name (2019-02-26 12:04) 様
お知らせいただき有難うございます。No name (2019-02-25 11:44)です。
読ませていただきました。ただ、ポイントを…などとても無理ですが。
インタビュー上野直彦氏によると東大大学院生への講義後、学生から
拍手が起こったようです。講義の内容が分かりやすかったことと
協会の仕組みや新しい才能の発掘方法を初めて知った。など。
講義の内容は
◎東京一極集中型の相撲界
◎過密な年間スケジュールとオフの必要性
◎力士養成のために必要な完全オフの期間
◎他団体との連携強化が相撲界を強くする
これらについて問題点をパワーポイントを使って分かりやすく
講義された。
私は、今まで相撲といえば力士や部屋だけにしか目がいかなかった。
応援する力士が勝負に勝てば喜んだ。それで満足だった。
相撲界のイノベーションを読ませていただき、そう簡単に「応援する」
という言葉が出なくなった。貴乃花さんと考え方や思いを同調する師匠・
親方がいなかったとすれば日本相撲界の不幸だ。
他の師匠・親方の資質の問題と思うが。本当に不幸だ。
これで日本相撲界は20年以上歩みが遅れたと思う。
是非、日本相撲協会の問題の数々を読んでいただきたい。
最後に相撲界の将来に向けた花田氏の提言が6項目ありました。
1、中央競技団体の設立とガバナンス改革
2、部屋の全国展開による地方振興の拠点創設
3、部屋の法人化と親方の役割分業によるプロ経営人材の投入
4、日本相撲協会と各部屋の収益最大化
5、他競技団体(jリーグ、Bリーグクラブ等含む)との連携と海外展開
6、力士、指導者への教育システムの開発とセカンドキャリア支援の拡充
皆様に重ねて申し上げます。是非、是非読んでいただきたい。




No name (2019-02-26 22:07)

No name (2019-02-26 21:29) 様
No name (2019-02-26 12:04) です。早々のご連絡、恐縮です。本当にありがとうございます。No name (2019-02-26 12:04)様のさすがの問題意識コメントとポイントは共感します。私は(上)しか目を通せていないのですが、あまりにも組織やマネジメント、教育面含めて遅れているというか、陳腐というか?世の中の一般常識的には考えられない実態だと驚きました。完全な時代錯誤ですね。幕下力士の暴力問題で「付け人制度の問題」も、そんな各論での問題でなく、もっと大元の組織整備や部屋の在り方(上記提案の1と3の組織体制構築が重要であり急務と感じました。)この貴乃花さんの講義内容は予想以上に凄いと思いました。1時間半の講義のための準備時間はかなり必要だったと思いますが、学生たちからの評価はプレゼン内容及びプレゼン能力が高いと認められた証拠ですね。本当に多くの方に読んでいただきたいですね。異業種交流と貴乃花さんの講義提案とリンクさせながらぜひ投稿したいと思います。

wain (2019-02-27 01:56)

(上)読みました。
さすが貴乃花さんです。
大相撲とプロサッカーのJリーグとの比較、よくわかりました。
大相撲の問題点は
①相撲界は日本相撲協会とアマチュアの連盟が完全に分かれてしまっている。
②中央競技団体(NF)の機能を果たす組織は不在。
③力士への給料は相撲協会が支払う。親方が個人事業主として部屋を組織するが法人化されていないから、資金の流れが多元的、明確じゃない。一方、Jリーグのすべてのクラブが法人格を有し、公社法人Jリーグの社員である。選手の給料は各クラブが支払う。日本サッカー協会、Jリーグ、各クラブの資金の流れが明確。
④相撲部屋の収入内訳、収入源が単一で主たる収入源は相撲協会からの配分金、それに寄付金。広告料収入、入場料収入、物販収入、アカデミー収入、Jリーグ分配金とJクラブは収入源が多様。
⑤親方が経営、宣伝、営業、財務などすべて一人でこなさないといけない。親方の負担があまりにも大きい。Jクラブでは広報、宣伝、営業など業務が多岐に分かれており、それぞれの担当者が存在する。トップに相当する方がそのすべてをこなしているわけではない。
⑥セカンドキャリア問題(引退後は相撲界から離れる力士が大多数、中卒、高卒の割合が他競技より高いが、セカンドキャリア教育、支援は存在しない。この問題を解決しないと新弟子の確保は難しい)
問題山積ですね!
>相撲界の発展のためには新しい才能を育てていくことが不可欠です。そのための仕組み作りや力士への教育、ケアが必要だと私は考えています。
↑ゆえにサッカー界で存在する、中央競技団体というしっかりした組織が必要!ということなんですね。
とてもわかりやすいですよね?
でもなぜ、相撲協会の親方たちは貴乃花さんに賛同しなかったのか?貴乃花さんの考えが伝わっていない?親方たちは毎日とても多忙すぎて、変わることすら面倒なことと思ってしまったのでしょうか?
この記事を親方たちは必ず読んでほしいですね!

No name (2019-02-26 20:24)様
貴乃花さんは前向きでどんどん進化される方ですから、気になるしファンになったんです。楽しく学びながら応援して、進化していく貴乃花さんについていきたいです。

wain (2019-02-25 12:37)

皆さん、こんにちわ〜!
↓No name (2019-02-25 11:44)様、情報有難うございます。
>スポーツジャーナリスト上野直彦氏
「セカンドキャリアに人材育成、元貴乃花親方が考える相撲界改革」
↑たまたま目にされたそうですが。。
そのアドレスわかりました!

>https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/070800035/021800099/
↑セカンドキャリアに人材育成、元貴乃花親方が考える相撲界改革
日本相撲界のイノベーション(上)
2019.02.25 05:00 上野直彦=スポーツジャーナリスト

身長185cmのスーツ姿の男性がマイクテストでにこやかに話し出すと、緊張した面持ちの大学院生たちの表情が一気に和んだ。2018年12月、場所は東京大学大学院の教室。同年9月に“引退”してからもなお世間の注目を浴び、メディアをにぎわすこともあるが、実際に会うと人を惹きつけてやまないその男性。それが元貴乃花親方の花田光司氏だ。
↑このような文章から始まってページ5まであります。
とても知りたかったことですが、これから外出しなくては。。。
後でゆっくり読みたいと思います。

No name (2019-02-25 18:51)

wain様、 No name (2019-02-25 11:44) 様
No name (2019-02-23 17:28) です。
スポーツジャーナリスト上野直彦氏
「セカンドキャリアに人材育成、元貴乃花親方が考える相撲界改革」
↑個人的にも、ものすごく興味のある内容です。じっくりと拝見させていただきます。これまでの相撲協会の問題や第三者委員会からの問題提議、異業種交流でも組織的な問題の意見が多数出ました。・・・貴乃花さんの問題提議と提案をじっくり見させていただきます。情報ありがとうございます。感謝です。

No name (2019-02-25 22:08)

wain様
No name (2019-02-25 11:44)です。
上にUPしてくださり有難うございます。
昨日のNHKサンデースポーツでも最後に貴乃花氏が特別講師として
登壇した様子が放送されましたね。
(上野直彦氏の資料より)
◎一人の師匠がすべてをこなす現実
東大大学院での講義は大変好評でした。特に花田さん自身が
作成された資料に書かれた相撲の中央競技団体(NF)の設立については
質問も多く出ました。
◎相撲部屋とJクラブの最大の相違点は組織体制
◎引退後のキャリア問題、ほぼ手付かず
◎新しい中央競技団体が必要なわけ。
これらの問題提議と提案を詳しく講義されていました。
是非皆さんも目を通してください。私も読ませていただきましたが。
目を通すだけでも、読んだだけでも、関心が持てると思います。






チコちゃんの隣人(よしっぺ)🐸🎶 (2019-02-26 11:07)

情報ありがとうございます😊早速拝読しました。読み応えありますね。何度も読み込みたいと思います。勝手ながら、2月2日(土)名古屋のお知らせ記事と代表発起人メンバーのご報告記事の二ヶ所にも情報の紹介をさせていただきました。wainさん、皆さん感謝します🤗

No name (2019-02-26 12:04)

wain様 No name (2019-02-25 11:44)様
No name (2019-02-25 18:51) です。
ざっくりと目を通しました。異業種交流第6弾以降は、急遽、第三者機関(但木委員長)の報告内容、異業種交流で出た話、今回の貴乃花さんの講義内容をからめて、まとめたいと思います。何回かに分けての投稿になるかと思います。
少し時間をいただければと思います。
wain様、No nameの皆さん、ご期待ください。

wain (2019-02-26 12:41)

No name (2019-02-25 22:08)様
こちらこそ〜まず初めにお知らせいただき、感謝してます。
私はざっくりと読みましたが、何度も読んでからコメントさせていただきます。
本当にNo name (2019-02-25 22:08)様のおっしゃるとおりで、一人でも多くの方々に読んでほしいですね。特に親方、力士さんなど相撲関係者の方々に読んでほしいと思います。

チコちゃんの隣人様
ご丁寧にコメント有難うございます。一人でも多くの方々に読んでほしいので大歓迎です。
本当に読み応えがあります。でもこれは(上)とのこと、(下)もあります!

No name (2019-02-25 18:51)様
はい!すごく期待しています。
投稿楽しみにしています。
よろしくお願いします。

チコちゃんの隣人(よしっぺ)🐸🎶 (2019-02-26 13:26)

wain さん、皆さん情報感謝です😊
(下)も読みました。これまで二宮清純さんの記事や境田さんのfacebookでしか講義内容が分からなかったので、詳しい内容が読めて、とても嬉しいです。
⭐️2019/02/26 05:00
スポーツとイノベーション
他競技団体との連携が改革のカギ、元貴乃花親方
日本相撲界のイノベーション(下)
上野直彦=スポーツジャーナリスト
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/070800035/021900100/?n_cid=nbpnxt_twbn

wain (2019-02-26 14:37)

チコちゃんの隣人様
(下)記事アドレスUP有難うございます。
私も詳細な内容がわかり、とても嬉しいです♪
本当に一人でも多くの方々、特に親方、力士、相撲関係者の方々に読まれますように!
とても骨太な内容、この件だけでどこかのTV局で特集を放送してほしいと思いますが。。
相撲協会を出た貴乃花さんが、これから自由に前向きにご活躍してより多くの賛同者を増やしていくこと期待します。

No name (2019-02-24 14:48)

昨日(2月23日)、貴源治と貴ノ富士の「双子後援会発起会」がありました。
貴乃花さんからのメッセージ。
「土俵の上で力の限り生きること。土俵の上で活躍することは人々を幸せにする力を持っていることを忘れないこと」
貴ノ富士は「これまで以上に期待に応えられるように頑張りたい」と。2人は感無量。本当に良かった。
不祥事当初、貴ノ富士は泣きながら「親方に迷惑かけた。申し訳ない。責任取って引退する。」と。貴源治は「親方の足を引っ張って申し訳ない。」と。貴景勝も三役昇進のときに「貴乃花部屋の恥にならないようにしたい」と。当時は「日馬富士傷害事件」で貴乃花さんは大変な状況。師匠のため、弟子全員が「貴乃花部屋」「貴乃花親方」の事を思い、皆が同じ気持ちで貴乃花さんの背中をみつめ、皆がついて行っていたのだな。と。貴乃花さんは弟子の盾になり、貴ノ岩も貴ノ富士も守り抜いた。
皆が土俵で活躍し、ファン、そして貴乃花さんにも感動を与えてくれる事を望んでいます。

wain (2019-02-24 15:55)

No name (2019-02-24 14:48)様
情報有難うございます。
貴乃花さんからのメッセージ「土俵の上で力の限り生きること。土俵の上で活躍することは人々を幸せにする力を持っていることを忘れないこと」はシンプルだけど、体験されて咀嚼された貴乃花さんのオリジナリティーに富むお言葉で、本当に説得力がありますね。
貴乃花さんが必死に貴ノ富士さんを守ったからこそ、二人揃って晴れの日(昨日)を迎えられて、本当に良かったとつくづく思います。
ツインズ力士、貴源治さんと貴ノ富士さんには、お互い切磋琢磨しながら、横綱めざして頑張ってほしいし、早速来月の大阪場所、お二人を応援し続けます!
兄弟力士で横綱は若乃花、貴乃花
ツインズ力士で横綱は貴ノ富士,貴源治となりますように^^

コメントをすべて見る(390件)