ビジョン 学生団体I-RIS

ビジョン

ラオスの子供たちに笑顔を

ラオスは東南アジアの国々の中で1番教育環境が行き届いていない国です。日本のように、当たり前に小学校に行って教育を受けることができるわけではありません。家の手伝いをしなければならない、お金がない、など様々な理由はありますが、ラオスには「将来お医者さんになりたい」「サッカー選手になりたい」といった輝かしい夢を持った子どもたちがたくさんいます。

そんな子どもたちの夢を叶えるには、まず、整った環境で教育を受けなければいけないと思います。ラオスには小学校がありますが、ボロボロの木の椅子や机、小さい黒板、木や竹でできた校舎、雑草だらけの校庭です。そんな環境では、ラオスの子どもたちは十分に教育を受けれるとは思いませんし、子どもたちの親も小学校に通わせたいと思わないでしょう。

学生団体I-RISは、ラオスの子どもたちが良い環境で教育を受けることができるように日本で募金活動などを通して支援金を集め、綺麗な机や椅子、たくさん字が書ける黒板、大雨が降ったり夕方になっても授業に影響が出ないような校舎、子どもたちが怪我をしない校庭がある小学校を建設し、支援をすることが目標です。


私たちの活動によってラオスに目を向けてくれる人が増え、より支援の幅を広げていきたいと思っています。

MENU