私がアナウンサーを目指すようになった経緯

こんにちは〜

金曜日!!!

明日から土日ですね〜🤩

今日は私が夢を志すようになった経緯についてお話ししようと思います〜

過去の記事でもお話ししましたが、私が目指している職業はアナウンサーです。

最初は人見知りで、人前で話すのが苦手だったので

人見知り克服のためにアナウンススクールに通いました。

そこでいろいろ学んでいくうちに

ニュース原稿をカメラの前で読んだり、

人の話を引き出すことが好きなことに気づきました。

そしてアナウンサーはいろんな人に出会い、いろんな世界を見ることができます。

アナウンサーという仕事を通じて、好きなことと自分の視野を広げることが同時にできると思っています。

だから私はアナウンサーになりたいです。

また、テレビは視聴率が大切なので、視聴者の偏ったイメージや需要に合わせた番組が多くなりがちだと思います。

(具体的に話すと長くなってしまうので、これはまたの機会にお話ししますね😂😂)

それだけ影響力のあるテレビだからこそ、視聴者に新しい価値観やものの見方を積極的に広めていくという役割をもっと担ってもいいのではないかと思います。

自分の目で見て耳で聞いて感じて、自分の言葉で話すことで

その一端を担いたいと思います。

世間知らずで未熟なところもありますが、私の正直な気持ちです。

自分も含めて、もっとみんなが多様性を認め合えるような社会になればいいなと思います。

ではでは〜


いいね
松下 耕三
2020-01-26

自分の言葉で伝えられるアナウンサー、素晴らしい志だと思います!

りか
2020-01-26

ありがとうございます!!
上辺で取り繕った言葉より、自分が正直に感じたことを伝えた方が、実は人に響きやすいと思っています。(言葉選びは必要ですが!!)
そのために自分の見聞を広げて、奥行きのある人間になりたいと思います!!

関連記事

MENU