マインド シゴトのチカラ 大学生ナビゲーター

「⾼校⽣の新たな⼀歩のために」


「⾼校⽣が『未来への希望』を持てるキャリア教育授業」


⾼校⽣が「シゴトや社会⼈」に持っているイメージはなんだろう

私が持っていたイメージは、「社会⼈って疲れてるからなりたくない」だった

⾼校⽣に聞いても、「社畜」「過労死」「お⾦のため」という答えがほとんどだった

そんな⾼校⽣を変えるのが、シゴトのチカラのプログラムだ


社会⼈は、⾼校⽣に「シゴトの中で壁にぶつかった体験」を話す

初めは怪訝な表情だった⾼校⽣が、社会⼈の本気のハナシにどんどん引き込まれていく

社会⼈が「できたら話したくなかった話」「思い出したくないような失敗の話」をする

そして、「それをどうやって乗り越えたのか」「その壁の先にどんな事に気づいたのか」を高校生に伝える


話を聞いた後、⼤学⽣のファシリテートのもとで、ワークをする

⾼校⽣は、半⽇間ここで過ごすことで、⾼校⽣が「失敗しても、努⼒したい」「チャレンジすることって⼤事だ」

「あんな社会⼈になりたい」と感想をくれる

そんな⾼校⽣を⾒た先⽣⽅は、「あの⼦があんな発⾔をするなんて」

「シゴチカをきっかけに、⽣徒がすごく変わった。」と感想をくれた

⾼校⽣の社会に対するイメージが変わる


⼀⾼校⽣が、新たな⼀歩を踏み出す⼀


シゴトのチカラは新しい自分に出会う きっかけ

それがシゴトのチカラの価値であり、私が⼤好きなところ

MENU