SPで私らしい生き方への挑戦を

こんにちは、Smiles Production 3年のなつこです!

Smiles Production(以下SP)は「自分らしい生き方への挑戦を」を団体の理念に掲げ活動しています。

インドには子どもたちが、自分の好きな事ややりたい事を誰かや何かに制限されてしまう現状があります。教育という手段で子どもたちの視野を広げ、もっともっと「自分らしい生き方」に挑戦してほしい、そんな思いからこの理念は生まれました。

しかし、この理念はSPの支援する子どもたちにだけに向けたものではありません。2018年、この理念をさらに深堀りし、より強固なSPの軸を作ろうと当時のメンバーで何日も議論を重ね、新たな理念を作りました。この団体理念はMission、Vision、Valueの3つで構成されています。
Mission:自分らしい生き方への挑戦を
Vision:よりよい協力の形の追求し、実行する
Value:自分らしい生き方を体現する
   メンバーそれぞれの自分らしさ(個性)を生かした支援をする
   常に成長する

これらの理念が団体の方向性や私たちメンバー1人1人のあるべき姿を常に指し示してくれています。

では、いったい私らしい生き方とは何のか。3年間SPの活動をしてきた中で、この「私らしさ」を模索し続けてきました。結論からいうとまだ明確な答えは出ていません。しかし、1年時のインド派遣で実際に支援児童と交流したり、昨年8か月間タイに留学したたりした経験から、少しずつはっきりとしてきたので、今日はそれをご紹介します。

これまでの国際協力の経験から、私は自分の行為によって誰かが笑顔になってくれたり、誰かの助けになれた事がやはり何よりも嬉しいのだと気づきました。インドでもタイでも目の前の子どもたちを笑顔にするため、彼らの将来を明るくするためならどんなことでも全力で頑張れました。気温10度以下の山奥で水シャワーしか浴びれず、いくら英語が喋れても現地語が使えなければ話にならない、日本と比べればかなり不便な生活でしたが、それでも帰りたいと思うようなことは一度もありませんでした。これはきっと生活の不便さなんかよりも子どもたちの笑顔を一番近くで見ることの方がずっと大切で、それが私の大きな支えになっていたからだと思います。

こんなふうに「誰かの笑顔のために一生懸命になれるところ」が私らしさなのではないかと最近思えるようになりました。そうすると、私らしい生き方とは、「誰かの笑顔のために一生懸命になりながら、その笑顔によって私自身も幸せを感じながら生きていく」こととなります。これが今の私にとって一番しっくりくる答えです。

なかなか自分の生き方について深く考え言語化するのは難しいので、今回もダラダラとまとまりのない文章となってしまいましたが、こんなことを考える機会を与えてくれるのもSPの大きな魅力です。SPの活動も残りわずかとなってしまいましたが、今後もSPの理念にあるよう「自分らしさ」を模索し続けながら常に成長し続けていきたいです。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。



いいね
MENU