消費税増税となんちゃらpay

3 大学生 金融 経済 FX

いいね


みなさんこんにちはこんばんは。


空きっ腹へのアルコールは、かなり効くなと実感してます、ナカザワです。


いきなりですが、夏休みが終わったら、きたる2019年10月、ついに消費税増税ですね。


なんか、二回も延期されてるしどうせ今回も延期じゃないの?って思ってる方、どうやらそうではないようです。


ついに、消費税10パーセント時代到来です。


まあ、これは避けることはできないので、私たち消費者側からした時に、押さえておきたいことは2つあります。


『軽減税率』と『負担緩和措置』です。


軽減税率は、簡単に言うとお持ち帰りだと8パーセントで、店内だと10パーセント!みたいな感じです。(だいぶ細かいところで違いはありますが。)


ただ、この軽減税率はよく聞く話だと思うので、今回は置いておきます。



なので、負担緩和措置について、お話ししますね。


この負担緩和措置は、増税前の駆け込み需要の過熱や、増税後の消費の落ち込みを抑えるための施策です。


住宅ローン減税の拡充、自動車税環境性能割の導入とその軽減(自動車取得税は廃止)、幼児教育・保育の無償化


などが想定されているそうです。


なかでも、普段の消費生活にインパクトが大きいのが「キャッシュレス・消費者還元事業」ですね。


商品・サービスを購入する際に、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などの「キャッシュレス」で支払うと、5%または2%のポイント還元が受けられるというものです。


19年10月から20年6月までの9カ月間の期間限定で実施されます。期間限定ですね。


どの店舗で還元があるのか、還元率は何パーセントかといった情報は、公式サイトで検索したり、店頭のポスターやポップを見たりすることで分かるようになる見通しなので、チェックしましょうね。


ひとまず、キャッシュレス決済手段の準備が不可欠です。


なんちゃらpay。


よくわかんないけど、とりあえずインストールしてみて、まずは触れていきましょう!



アカウント登録をするとコメントを書くことができます