計画力

3 大学生 金融 経済 FX

いいね



どうもこんにちは、ネパール人達と炎天下の中交流し、肌の色が完全にネパールになった米澤です。


最近私は自分の計画性の無さを感じる事があります。バイトのシフトを明日出そうと思って、当日に忘れたり、FTでも日報やブログの提出が送れてしまったり...と色々な事に挑戦する事が増えて、実感する機会が増えました。


まず、第一にこのような計画性の無さは、仕事の成果を発揮する場で、高いパフォーマンスを発揮できない事に繋がってしまいます。

さらに、自分だけでなく周りの人にも迷惑をかけてしまう。という事にも直結してしまいます。


つまり、計画性の無さとは、自分のみならず、他者にとっても良くない結果をもたらす負のスパイラルへの入り口になり得るという事を、当たり前だとは分かっていながら、改めて感じました。


よく、行動論などで、「考える前に動け」、という風に言われる事があると思います。このこの文字面だけ見ると、一見綿密の計画を立てて物事に挑む事に対して矛盾になると感じるかもしれません。


しかし、これは行うか行わないかで迷ったり、本番になって余計な事を考えてしまったりする時に用いられる考え方で、既に「何をいつまでにどのくらい行うか」という事が漠然とでも決まっている場合は、やはりただただ行うのではなく、スケジュールを立て、コツコツと行っていく事が、実現のための最も近道であると思います。


これらの事は頭の中では当たり前と思っていると思いますが、実際にこれ通りに行えているかを自分に尋ねると、そうでもない方も少なくはないと思います。


当たり前のことをしっかりと着実にこなしていく計画性、私はこの誰でもわかっている事をこなし、その上でプラスアルファが出来る人こそが、社会の中で成功していく人だと思います。


欲にもマケズ、言い訳にもマケズ。

丈夫な計画性を持ち、決して+αを忘れない。

そういう人に私はなりたい。



アカウント登録をするとコメントを書くことができます

関連記事