P.A.L.に入りました!

こんにちは!オンライン授業が始まり、ブルーライト眼鏡が欲しいです中水です!👓

私はIIRの中でP.A.L.というプロジェクトに所属しているので、今回はそのP.A.L.に入った経緯を書きたいと思います!

そもそもP.A.L.とはPlomoting Asian Leadershipの略で、アジアで活躍する次世代のリーダーを輩出するという理念のもと、アジアから学生を招き、2週間ほど旅行に行ったり、ディスカッションや企業訪問をしたりと幅広い交流をします。今年はコロナウイルスの関係で留学生は呼べないですが、今後もpalが続いていくため、日本人だけでもできることを考えています。

そして今回の本題である入りたいと思ったきっかけなのですが、

1.palに所属している先輩方

palには知り合いの先輩も多く、プロジェクトの選考の時期に「palは最高だよ!」という話を聞き、自分もそこに身を置き、楽しみながらも成長していきたいと思いました!


2.兄

私の兄はアジアを中心にバックパッカーをしていました。帰ってきて見せられたものといえば現地で出会ったバックパッカー仲間から学んだマジックばかりでしたが😂しばらくして見せてくれた現地の写真や話は興味深く、また同じアジアなのに自分はまだまだ知らないことがたくさんあり、またもっと知りたいと思いました。そこでアジアの学生と交流できるpalに魅力を感じました!


そしてpalに入る面接の前にホームページを見たのですが、本番それぞれのDayが、palの理念であったり、その年のサブタイトルを達成するためにしっかり意図と目的をもって作られていることや、本番の写真が本当に楽しそうなことが伝わり、絶対に入りたいなと思いました!(まだ見たことない方は1度見てみてほしいです、、!🙌)

今回は私がpalに入る前の部分にフォーカスしたので今度はpalに入ってからのことが書けたらいいなと思っています!

最後まで読んでくださりありがとうございました😊


いいね
MENU