動画を使用した日本屈指のマーケティング

動画を作ることはそれを見る人と作る人、両方の人生を変えてしまう可能性を秘めています。


「1分間の映像には180万文字分の情報量を伝えることができる」と言われているように、たった数分間の映像は時にそれを見る人の人生を大きく変えてしまうほどの力を秘めています。


最高の思い出を映像として形に残しておくことで、あとからそれを見返して温かい気持ちになったり、1つの動画を見る体験を家族や仲間と共有できるのは動画ならではの魅力です。


今の時代、ジャスティン・ビーバーやダーティ・ループスといった世界的なポップスターはYouTubeに自分の歌声を投稿したことがきっかけとなって誕生しました。


いまやクリエイティブな動画を作ってインターネットに投稿すれば世界中の人にあなたという人物やあなたのビジネスについて知ってもらうことができる時代になったのです。


これからの時代、あなたのメッセージを届けるための一番有効な方法は動画を用いること。


スマートフォンやタブレットが私たちの生活になくてはならないものとなってから、私たちが映像を目にする機会というのは格段に増えています。


街中を歩いていても、ビルに備え付けられた巨大な街頭ビジョンや電車内のディスプレイ、駅の構内などで広告を表示するデジタルサイネージなど動画を目にしない日は無いのではないでしょうか。


テレビの持っている影響力というのはまだまだ無視することができませんが、スマホの通信速度が5Gになり、ディスプレイの解像度は8Kになろうとしているこれからの時代、雑誌や新聞がWebへとシフトしていったのと同じように、映像もテレビからWebで消費されるようになっていくのは間違いありません。


サイバーエージェントは、スマートフォン動画の広告市場規模は、2019年には2,322億円、2023年には3,485億円まで成長すると予想しています。


これからますますWebで映像を見る時代になっていくことを考えれば、伝えたいメッセージを映像にして発信していくことは、商品やサービスの効果や性能はもちろん、心に響くメッセージを届けるために益々重要になっていくでしょう。


(参考元:https://boxil.jp/mag/a3667/)


あなたの動画のクオリティは最初の3秒で決まる。


今の10代の若者の中には、何かを調べる時はGoogleの検索エンジンは使わずにまずYoutubeで動画を探すという人が少なくないようです。


動画の持っている情報量の多さを考えればこれは当たり前のことかもしれませんが、その一方で、動画広告の多くは最初の3秒でいらない情報と判断されてしまっていて、その先を見られることはありません。


1980年代から2000年代に生まれたミレニアム世代の若者ほどこの特徴は顕著で、かつてないほどにコンテンツが溢れかえっている今、クリエイティブでない映像にユーザーは見向きもしなくなっているのです。


動画がマーケティングの効果を極限まで引き上げる。


動画を利用して商品の説明を行うことで、プロダクトへの理解が74%高まり、商品の購入率は64%増加することが統計によって判明しています。


同様にダイレクトメールに動画を載せると、テキストだけの広告に比べてクリック率が2~3倍上昇することも分かっていて、アメリカの動画広告会社であるeyeviewによればランディングページに動画を埋め込むことで80%のコンバージョン率上昇が見込めるそうです。


SEO的な面でもアメリカのアナリストファームであるForrester Research社によって「動画が埋め込まれているページの方が、テキストだけのページよりも、Googleの1ページ目に表示される確率が50倍高い」と明らかにされました。


動画の視聴シーンが多様になっている今、良質な映像コンテンツに絞って発信を行なっていくことであなたのビジネスをこれまでになく加速していきます。


(参考元:https://crevo.jp/video-square/stats/roi/)




 

KNOCKが作る映像コンテンツについては、こちらから制作実績をご覧いただくことができます。

KNOCKの制作実績

株式会社KNOCK
株式会社KNOCK

 

詳しい内容は、こちらのお問い合わせページよりお気軽にご相談ください。

 


いいね

関連記事

MENU