海外に行くときに思い出して欲しいこと3選!!!

こんにちは!国際関係会2年の宇佐美です!

本日は、「海外に行くときに思い出してほしいこと3選!!!」というタイトルで、記事を書いてみます。しかしながら、私は生まれてから今まで海外に行ったことがありません。(今年の3月に初めてヨーロッパに行くはずでしたが、コロナの影響でキャンセルに…。)

そんな私がなぜ、こんな記事を書こうと思ったのか?

それは、昨年度の夏休みと春休み、国際関係会の活動(TOKYO IW)で、日本に来た海外の大学生と交流したことにあります。特に8月のTOKYO IWでは2週間のプログラムに全日参加したこともあり、14人の留学生(しかもほとんど全員が違う国から!)と思いっきり交流することが出来ました!

そんな中で感じたあれこれを、皆さんにお伝えできればと思います。それでは早速始めましょう!

①現地の人へのお土産にはキットカットを持っていこう!?

留学生たちと日本のドン・キホーテに行ったとき、海外の大学生たちが買い占めていたのがキットカット。確かにおいしいし、私も大好きなお菓子です。しかしその想像を超えるほどに、留学生たちは「キットカットを買わなきゃ!」と色んな味のキットカットを買い占めていたのです。きっと日本の美味しいお菓子として有名なんですね。皆さんもお土産にキットカットを持っていったら喜ばれるかも!

②暑い時は躊躇せずタンクトップを着よう!

日本の夏って暑いですよね。そんな時、女性の皆さんは外出先でタンクトップを着ますか?タンクトップと言っても、袖が短いというレベルではなく、肩のところが完全に細い紐になっている服のことです。もちろん普段から来ている方もいらっしゃると思いますが、少なくとも私は、肌の露出が多すぎるような気がして下にTシャツを着てしまったりと、タンクトップ一枚で出歩くことはありません。

でも!海外から来た女の子たちは、みんなタンクトップを当たり前に着ていました!もし日本ではちょっと恥ずかしいというお仲間がいたら、海外ではタンクトップ×短パンで、全力で涼しさを追求してみてください!

③全てのことに貪欲になろう!

日本人は一般に、他人に気を遣い合う気質があると言われています。確かに私も、意識的にか無意識的にか、周りの人の動きに合わせて過ごしていることが多いと感じます。しかし、TOKYO IWで出会った海外の大学生たちは違いました。

自分はこの場所に行きたいから行く、これが食べたいからこれを食べる、色んなアングルの写真を撮りたいから時間を気にせず写真を撮る、……

みんなしっかりとした意思をもって、自分のやりたいことを貫いている印象でした。確かに、そんな予想外の行動に困ったこともたびたび。しかし各々が日本を全力で楽しもうとしてくれている姿勢が、私たち日本人からするととても嬉しかったのです。真似したいなと思わされる、そんな姿を見させてもらいました。


以上長々と、誰の役に立つのか分からない情報を書き連ねて参りましたが、またいつの日かコロナが収束し、楽しく海外旅行に行けるときが来た時には、頭の隅でこの記事を思い出してくれたら嬉しいです😊

最後まで読んでくださりありがとうございました!


いいね
MENU