実行委員3年目を迎えて

私は高校生の時も常時の実行委員会に所属し、様々な行事の運営に携わってきました。
そして、大学でも学園祭の運営に携わりたいと思い、徽音祭実行委員会に所属することを決めました。

最初の2年間は渉外に関わることを担当し、学内の方だけでなく学外の方にも多く接する機会を得ることができました。大変なこともあったけれど、出会えた社会人の方々はとても優しく、また先輩や同期、後輩にも恵まれて楽しく活動を続けてきました。

そして、実行委員として最後の活動となる今年。私は監査として議事録の作成や書類の校閲を行っています。対面での活動がかなわない今、各自が工夫することでできる範囲で活動していますが、思い通りにならないことや多くの壁を前に歯痒い思いの日々でもあります。しかし、できることに1つずつ取り組んでいき、今年も学内の方にも学外の方にもお茶大らしさや徽音祭らしさを伝えられるような、そんな素敵な徽音祭を運営していきたいです。泣いても笑っても、実行委員として活動できるのは今年だけ。素敵な仲間にも恵まれ、どのような徽音祭を運営していけるのか、今からとても楽しみです。悔いのないよう、やれることを全力でやっていきます。


いいね

ストック

関連記事