れな

フォロー コンタクト

「貢献」が溢れるような社会

私は高校時代、学級委員の副委員長をやらせていただきながら社会貢献活動を行っておりました。そこで、肢体不自由の方と1回交流して「ボッチャー」を一緒にやる機会があったり沢山の先生や生徒から「おはようございます、いつもありがとうございます」と温かいお言葉をいただき、嬉しかった記憶が今でもあります。実際に、肢体不自由の方と交流させていただいてた時は「体が不自由でも最後までやり遂げる力があるのですね!」と感じたので、障害者差別が無い世界を目指してまいりたいと思うようになりました。そして、毎日何かしらに感謝することで共に気持ち良く過ごせるような社会を目指してまいりたいと思います。また、世の中にはご飯が食べ...