株式会社クインテット

後世に素晴らしい時代を残す

一人一人が生まれ持った最大限の可能性に向かって輝きを解き放ち、人生の時々において希望を抱き、全力を尽くして挑戦し、人生を謳歌できる世界へ。

株式会社クインテットの
採用情報

この会社で、社会に、何を残すか

100年後の未来をつくるのは今を生きる我々です。
未来を生きる子どもたちが、希望を持って過ごすことの出来る世の中を残すため、20年後、30年後を見据え、世の中に貢献できる事業を展開することがクインテットの使命です。
クインテットが展開する3事業は、形は違えど同じビジョン実現に向け全力で取り組む事業です。

夢の実現には、仲間が必要です。同じ志を持つ仲間と出会えることを、心より楽しみにしています。

事業

心豊かに生きられる社会構築に向けたWEBサービスの提供

株式会社クインテットのサービスは、企業利益の追求からスタートはしません。お金になるから、便利になるから、楽しいから、という理由ではやりません。あくまでも私達が生きる社会、そして後世の人々にとって、より心豊かに人生を送れる為にどうあるべきかを考えてスタートします。

more

コラム

チームビルディングで心掛けていること

牛尾 好宏 デザイン部

こんにちは、株式会社クインテットの牛尾です。随分久しぶりの投稿になってしまいました・・・。 私はある程度以上上層の責任者なので、現時点での管轄であるデザイン部をはじめ、様々な部署の運営・監督を行っ...

【コンサル3課で一問一答リレー⑥】新卒編🥚

村上 裕紀 3課

こんにちは!コンサルティング事業部の村上です。 「あなた誰?」と思った方、同期にインタビューしてもらった記事があるのでぜひそちらをご覧ください。 さて、「YOU、書いちゃいなよ」的なノリで、以前完結し...

入社して2ヶ月を振り返って、、、来月の意気込み

宮下 遼太 学生支援課

早いもので、入社して2ヶ月が過ぎ去ろうとしています。この前まで、学生だったが社会人という次のステップに進みましたが、いい意味でも悪い意味でもこれまでの自分が出た2ヶ月だったなと思います!2ヶ月の仕事を...

モノのパラダイム

宮井 蒼一郎 学生支援課

皆さんこんにちは🐈 最近は梅雨入りや緊急事態宣言が延長され、どこにも行けない日々が続いていますね。 色々な方と会えない中では、1人という時間も多く、仕事や自分の好きなことと向き合える機会を作らなけれ...

私の中の私

松下 耕三 最高経営責任者

私の中に多くの私がいて、そして私自身の中の多様性に満ちた私の中から私の中の主がいずれかの自分を選びとっている。主は意識の上にいる私よりも私を深く知っている。無意識にアクセスすることが出来ない私と違...

妄想の愉しみ

木谷 太郎 財務課

 弊社の入居するオフィスビルには空につながるガラス張りの吹き抜けがあり、その受け皿として私の席のある2階には、入ることのできない中庭が存在する。入ることができないので帰宅する際に雨が降っているかど...

可能性の扉をひらく

松下 耕三 最高経営責任者

人がより良く生きられるとは何か?それを伝えることはなかなか難しい。もちろん一つの正解があるわけではなく、人それぞれがユニークな存在であり、一卵性双生児ですら、同じではないように多様性がある。一方で...

本気かどうか

松永祥武 企業営業課

大学生の時、いつから就職活動を始めたか不明ですが、たぶん4年になってから、友人が就活を始めているので便乗して始めた感じだったと思います。今から約20年前、新規求人倍率1%未満のいわゆる就職氷河期の時です...

結論ファースト&時間の使い方

宮下 遼太 学生支援課

普段人とお話をする際に、結論から言われなかったら、この人何が言いたいんだ?て思うことよくありますよね?特に何か自分がやらかしてしまったときに、言い訳から入ると何をやらかしてしまったのか100%伝わりま...

あの厚底シューズ

松永祥武 企業営業課

私の推しアイテムは、箱根駅伝などで話題沸騰したあの厚底シューズです。正式名称:ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%実は、この前にヴェイパーフライ 4%というモデルがあり、ソール部分にカーボンプレートが...

私の推し:読書。時間や時代と場所を超えて思考が広がり、自己否定もされることもある読書。

篠田圭介 企業営業課

読書は活字中毒の私にとって、元気な源です。知らなかったことを知れる。元気になるきっかけをくれます。思考が時間や時代と場所を超えて広がります。 とにかく自己嫌悪が強かったので(これも成人してから読書...

考える前に飛ぶ

手島智美 学生支援課

「考える前に飛ぶ」自分が今、高い所にいると想像してみてください。下を覗いて見たけど、なんだかよく見えない、そんな状況。「下は固いコンクリートだったらどうしよう。落ちたら嫌だな、痛かったら嫌だな」と...

やらない理由

木谷 太郎 財務課

 小さい頃から小賢しいガキだった。足るを知る。現実を知る。地に足つける。食っていけない夢は、早々に諦めた。だからずっと中途半端で、遊んでみても踏みとどまって突き抜けられない。学問の道は大学2年で専攻...

新しいライフスタイル

トミヤマ デザイン部

「私の推し」の一番は定義が広すぎるだろってことを承知でいうと「自然」そのものです。車は推しというよりは現時点では相棒です。旅が大好きで、訪れるのはもっぱら自然が豊富で景色の良いところばかり。波音と...

かんたの一年間

かんた 学生支援課

私は16年間の学生生活を終え、今年から社会人となりました。私は22年間大阪に住んでいたのですが、今年から初めての東京で一人暮らしということもあり、私自身にとって大きな門出となりました。この一年は私の人...

習慣を1つでも多く定着する

宮下 遼太 学生支援課

今年の目標は、これまで何度か記事に挙げたことがあるので、挑戦することを今回は述べていきたいと思います。今年挑戦することは、1つでも多く習慣を増やしていくことです。学生時代に自分の日々の生活で習慣化さ...

「なにも情報持たずに、よくわからない自信だけで活動してた。」

大久保裕貴 学生支援課

就活、もっと真剣にやったほうがいいよ。人生、もっと考えな。昔の自分に出会えたなら。そうつたえるだろう。「俺を採用しないなんて、、残念な企業だな」そんなわけわからない自信をもって、とにかく落ちまくっ...

釣りが与えてくれるもの

Tsubasa Mouri デザイン部

自分にとっての推しとはなんだろう、と考えるとまっさきに浮かんできたのは釣りだった。特に最近ではまったく行けていないので、溢れ出る釣り欲をこのテーマにぶつけていきたいと思う。 釣りのコンバージョンと...

自己分析は永遠に

だい 学生支援課

就活が思い通りにいかずこじらせ、採用真っ盛りの4月に就活をしなかった経験があります。もしかしたらあの会社に行けたかもな…なんて後悔が先に佇む行動でした。評価される自分像だけ就活というとESの書き方、面...

ビートライブ

宮井 蒼一郎 学生支援課

最近ふと思うのですが、音楽やボクシング、バイク、仕事などのアイデアは自分がアンテナを張れば張るほど、身の回りにあるものに気づいたり、出会う事があると感じました。 なので今回も自分の決意や活動を発信...

JUST DO IT!

だい 学生支援課

やりたいことリストやれていない… 年始にやりたいことリストを作成し早4ヶ月。どのくらいチェックが付いたか振り返ったが、埋まったのは2~3個程度。こうなると本当にやりたいのかと自分に問い詰い気持ちが頭をも...

推しのキーボード

Y.O デザイン部

皆さんはどんなキーボードを使っていますでしょうか。最初からついてきたもの、という人が多い気もしますが。自分はこの記事のhttps://pando.life/qwintet/article/1150DHARMAPOINTのTACTICAL KEYBOARD〜というの...

何者になりたいのかを考えておく

Y.O デザイン部

大事なのは、どんな自分なら納得いくかなと常に考えながら学生生活を過ごす事だと思います。これといった将来の姿も思い浮かべておらず、周りに流されるようにして黒いスーツに身を包み、興味があるとは言えない...

【研修資料】学生と社会人の違いについて

牛尾 好宏 デザイン部

※本記事は新卒社員研修用に執筆しています。※研修用資料なので、とてつもなく回りくどく解説してます。4月を境に、「学生」から「社会人」になった皆さん。時間でいえば、2年生が3年生になったのと同じく、次の1...

more