【ルール説明】フィットネスビキニ

ボディビル ルール

いいね

フィットネスビキニ

フィットネスビキニ(トータルプロポーション)

バランスのとれたプロポーション、センスの良いヘアースタイルや顔立ち、肌の色つや、態度に品があるか、女性らしく健康的か等が審査される。また、スポーツや食事療法の努力の跡が見られることも重要で、フィジークやボディフィットネスの選手ほど鍛えこみや筋量は要求されないが、単に生まれつき綺麗なプロポーションだけの競技ではない。
トータルパッケージの要素としてコスチュームが占める割合はかなり大きい。

カテゴリー

オールジャパン・フィットネスビキニ
オーバーオールの部
ジュニア・23才以下級
年令別制
35才以下級:①158cm以下級・②163cm以下級・③163cm超級
35才超級:①158cm以下級・②163cm以下級・③163cm超級

コスチューム

*ビキニは腰周囲を2/3、臀部は1/3以上、前面部はへそから股間までの間の40%を布で覆わなければならない。
*色・素材・デザインは自由で、サイド部がチェーンや紐のものも可。
*Gストリングス(Tバック)は厳禁。ヒップはしっかり覆うこと。
*当日のコスチュームチェックを受けた2着まで着替えることができるが、但し、決勝と表彰式は同じものを着用のこと。
*不安な場合は、主催者又はJBBF事務局に問い合わせてください。
*公認コスチューム作成業者(参考)フィットビート、フィットベル、アビィオンアトリエ

アクセサリー
自由

サンダル

靴前底部の厚さは10mm以下、かかと部の高さは130mm以下とする。
足首にベルトが付いているもので、ミュールは不可。
推奨品(株式会社ダイアナ制作JBBF公認サンダル)


フィットネスビキニのクォーターターン


クォーターターン・ライト:フロントスタンスから最初に1/4クォーターターンをして審査員に左側を向けて立つ。
上半身は少し審査員側へ向けながら顔は<審査員の方に向ける。後方の手を腰に添えながら審査員側の膝を少し曲げるが、後方の足はまっすぐに伸ばす。 クォーターターン・バック:次にクォーターターンを右に1/4行い、審査員に向かって後ろ向きに立つ。 片手を腰に添えながら片方の足を少し流し、顔も後ろに向ける。 クォーターターン・ライト:次に右へ1/4クォーターターンをし、審査員側へ右サイドを向けて立つ。上半身は少し審査員側へ向けながら顔は審査員の方に向ける。後方の手を腰へ添えて審査員側の膝は少し曲げるが、後方の足はまっすぐに伸ばす。 クォーターターン・フロント:最後は右へ1/4クォーターターンをしてフロントスタンスに戻る。 ※腰に添える手は、親指を掛けて他の4本の指は前で揃えなければならない。

審査方式

ピックアップ

出場選手が多い場合は、各クラス12名を選出
①挨拶の1ポーズをしてからセンターへ移動し、1ポーズをとってからラインナップ
②全員もしくはグループ単位でクォーターターン → 左右の入れ替え
③左右に分かれたのちセンターで比較審査

ラウンド1・予選

Lウォーキングで1人ずつ登場 → ラインナップ
クォータータンで12名の順位付け

ラウンド2・決勝

決勝進出者6名の順位付け
①Lウォーキングで1人ずつ登場 → Tウォーキング → ラインナップ

②全員でクォータータン → スリーステップフォワード

スリーステップフォワード

①スリーステップ・フォワード:6名全員でクォーターターンをとっていき、バックスタンスで一旦静止する。その位置から3歩前に進んで決められた位置でバックスタンスをとる。

②クォーターターン・ライト:次に右へ1/4ターンし、審査員側へ右側面を向けて立つ。上半身は少し審査員に向けながらそして、顔は審査員の方へ向ける。左手の親指を腰に当てて右足の膝を曲げながら後方の足はまっすぐに伸ばす。

③クォーターターン・フロント:次に右にへ1/4ターンし、さいごにフロントスタンスをとる。

④スリーステップ・フォワード:次に6名全員で3歩前に進んでステージ前方へ行き、止まった位置でフロントスタンスをとる。
→全員ナンバー順に並んでステージを降りる。



アカウント登録をするとコメント・質問を書くことができます


採用検索 - 詳細条件の設定