教え子からのサプライズ

1/13(木)

今日は、帰り際に教え子が神妙な面持ちで来室してきました。
彼は、ファッションビジネスを学んでいて、年越し直前に内定が決まった学生です。
今は、早期就労で実際に店舗で販売の経験を積みながら、学生生活最後の学びをしています。
年末に、内定前研修の振り返りをしていて自分の課題に大きく頭を抱えていた姿は、まだ新しい記憶です。

彼の顔を見たとき、また何か問題でも運んできてくれたのかと思ったのが正直なところですが、話を聞こうとしたら、まさかのショッピングバッグを差し出されました。

生まれて初めて仕事ととしてのラッピングをして、人にプレゼントをするとのこと。
社員には、へたくそなラッピングだから自分がやって先輩がやったものではないと言えと、からかわれていた様子。

プレゼントの中身は、ソックスです。
確かに、「お世話になりましたって、靴下の一足や二足かってくるくらいの人間になってみろ!」とか「高価なブランドだから、高給取りになったら買いに行く!」などとからかった記憶は鮮明に残っています。
ただ、まさかそれを実行してくるとは思ってもいませんでした。
彼が最大の想いを込めて自分の人生の初めての経験をしてくれたことは、本当にうれしくてたまりません。
(もっと大事な人がいただろうに、、、)

進路指導体制の立て直しの特命を担い、 急遽担当をすることになった学科の学生のため付き合いは短いですが、
泣かせてみたり、笑わせてみたりしながら指導をしてきました。
まだまだ自分自身の自立や将来の職業的ビジョンを描き切れていない学生でしたから、余計に体当たりをしました。
たかが10週の付き合いでしかないものの、初めて担当する学科でもあったことから、思い入れが強い学生でもあります。

あの時の指導は、本当にあれでよかったのかと多々悩む日もありましたが、
こうやって素直な気持ちを伝えたり、社会生活で必要なコミュニケーションのあり方を考えてくれる姿を見て、
この仕事のやりがいを感じさせられます。


♪高価なニットをもらうより
下手でも手で編んだほうが美しい

この学生への最後の指導、
彼に応援歌を捧げます。
RYU君への応援歌は、大事MANブラザーズバンド『それが大事』!!


いろいろな人へのありがとうを忘れずに、
いろいろな経験をして、大きく育っていきなさい!

そして私からも、ありがとう!!
有難う・・・有るが難しいから・・・ありがとう!!


常々、出会った学生すべてに、こんな想いで仕事をしていたりもします。

ぱらせんのつぶやき
6件