IT健保最大の恩恵 「鮨 一新」 のダイマをします。

23 関東ITソフトウェア健康保険組合

いいね

IT健保に加入している方なら一度は聞いたことのある「 鮨 一新 」。
IT健保加入者のみが予約と入店権利を得る、行きたくても行けない人がたくさんいる名店です。ミシュランにも掲載されている 銀座 鮨 かねさか 」(食べログ驚異の4.03…!)の系列店が「 鮨 一新 」なので全然予約が取れないよ~><  という人がいるのも納得です。
「何食べたい?」と聞かれると間違いなく「おすし!」と答えるくらい好きなくせに、IT健保加入歴4年目にして初めて入店した時「なんでこんな良いお店、今まで来なかったんだーーー!!」と後悔したので、IT健保加入者だから行くことができる素晴らしい特典を知ってもらおうと記事にしてみました。
(一新がどれだけ良いかなんて十分知っとるわ!もう既に来店済みだわ!いやそもそもお寿司無理…という方はスルーしてください)

結論から言うと、初めての一新はただの衝撃でした。食べている最中は「美味しい」「意味がわからないくらい美味しい」「食べなくてもわかる、見た目から美味しい」のオンパレードでしたが、食べ終わり一息ついてふと我に返った瞬間出てきた言葉は


「え、本当にこの魚たちをこの価格で出していいの?!?!(軽くパニック)」


「銀座 鮨 かねさか」は予算20,000円~ に対し、「 鮨 一新 」はほぼ同内容で5,500円ぽっきりです!!(もうかねさかに行く必要はありません。行ったことないですが)

ステマでも良い。IT健保の回し者と思われても良いので、この感動を分かち合える人がほしいのでまず予約方法から説明します。


1.予約は最大3ヶ月待ち。 金曜・土日祝日・祝前日を狙うなら3ヶ月前の予約開始初日に!

きっかけは前職から仲の良い友人の「(前職を)辞めてからひとつだけ後悔してることがある…鮨 一新に行っていない!連れていけ!」という一言でした。

私たちは前職もIT健保に加入していたので、健保大会という名のディズニーパークチケット割引を毎年使い、年甲斐もなくおソロコーデを楽しんで、思う存分恩恵にあやかってきました。(ITS旅行パック、提携保養施設にもお世話になりました…)

夢の国だから許されますよね…。そんな私たちが唯一満喫していないものが、「 鮨 一新 」。IT健保加入者のみが利用できると誤解されがちですが、代表者がIT健保加入者であれば同伴者がIT健保加入者でなくとも入店することができます。 お値段は加入者に比べると少し高くなりますが、それでも「鮨一新の通貨は円ではなくウォンかな???」と戸惑うくらい安いです。

行こう行こうと言いつつ、気が付けば友人がIT健保ではない保険証を持ち始めてから1年半が経過。だんだんと圧が強めになってきたので、定期開催のQ毎お疲れさま会と友人の誕生日のお祝いもかねて予約を取ることにしました。

調べてみると直近の予約が難しいので絶対に食べたい!!食べることが優先!!という方は、下記の条件を避けてスケジュール調整をすることが近道です。

・金土日祝日の19時開始予約( 即埋まるらしいです 震える)
・2名以上のカウンター席( 4~6名でもカウンター派が多い )

この条件を避けて予約できたのは、約1か月半後の月半ば、金曜17時~カウンター2名の予約でした。この日付じゃないとダメだ!という場合は、その日にちが属する月の1日午前10時が予約開始解禁になるので、一目散に電話をかけるしかないです。
なお、鮨一新の予約は電話のみです。アナログでびっくりしますが、電話の時点でコースを聞かれるので一緒に行く人とどれを食べるか決めておいたほうが良いです。あとは、事業所番号(4桁)が必要になりますので予め保険証を握りしめて電話をかけましょう。


2. いざ赤坂!おすすめはカウンター席で、板前おまかせ握りコース

今回わたしたちが予約したのは上から2番目の「板前おまかせ握りコース」です。先付、刺身四点盛り、焼き物、蒸し物、巻物、お椀、デザート…そして肝心のお寿司は12カン!公式だと全然美味しそうに見えないのでこちらをご覧ください。
貝、どん。


コハダどんっ。


中トロどーーーん。


穴子は白焼きも選べます♡

特に美味しかった選抜(当社比)なのですが、言うまでもなく全部美味しかったです。
そしてネットで見かける度に悶絶していた名物の雲丹いくらご飯がこちら!!

さすが名物。いくらを漬けるときに柚子の皮もいれているそうで、ほんのりとした柚子の香りとさわやかな後味がいくらでも食欲をそそります。3口くらいでおわっちゃうのが悲しくなりますが、どう見ても痛風丼なのでこれくらいでちょうどいいのかもしれません。だいぶ頭が沸いていたのか、照明の具合でいくらがにこにこしてる~~~!!と言いながら食べていました。ちなみに季節によってはお取り扱いがないそうで…3月に行ったときは違うものを頂きました。あ"~~~~箱ぎっしりに詰まった雲丹恋しい~~~~~!!箱うになんて滅多にお目にかかれないので思わず写真撮りました。元気が出ないときによく見てます。

コースのデザートが出てくる前に「お腹いっぱいになりましたか?単品も追加でご注文いただけますが…」と板前さんが聞いてくれます。お酒も大好きだけどそれ以上にお寿司が好き。板前おまかせコースの満足度はとっっっても高かったのですが、つい欲が出てしまい追加で本日のオススメにあったのどぐろを頼んで〆ました。


3. 頑張った自分にご褒美、接待使いにも◎

今回わたしたちは2Qお疲れさま!という自分達への労いとして行きましたが、隣席の方は取引先の方数名といらっしゃってました。うるさすぎず、でも静かすぎず、限られた人しか予約ができないという特別感と、お寿司そのものの高級さを考えるとコスパがめちゃくちゃ良いので接待にも向いているお店です。
さらにビールは400円未満、日本酒も500円代から用意されており、お酒好きの方にはたまりません。酒豪の友人は止まらない話を肴にバカスカ飲み続け、もうやめたほうがいいのでは…?と思いながら放っておいていたら結局2時間で4合飲んでました。こわ。それでもお会計は1人8,000円以内という驚愕のコスパ。既にわたしは3回リピートしました…。
それでも5,500円のコースはちょっと厳しい…>< という方は、3,000円代でも十分満足できる『一新にぎりコース』『一新すし会席コース』もあり、そこらへんの居酒屋で飲むのと変わらない価格なのでそちらから挑戦してみてください🍣

師走も近づき、新しい年を迎えるまであと2か月。
1年間頑張った自分を、友人・先輩後輩・家族を誘って「いつもよりちょっと良いもの」で労わってあげるのもたまには良いかも?クインテットで働いているからこそ使える福利厚生を存分に使って自分に還元してみてください!



sanai (2019-11-06 16:30)

写真めちゃくちゃおいしそうです🍣
乗ってるお皿からも高級感が漂っています・・・!!
素敵な情報をありがとうございます。5,500円なら私でも行ける!!!!!!🏃‍♀️🏃‍♀️🏃‍♀️

整列しているものが好きなのですが、箱に入ってるウニってお利口そうな感じでかわいいですよね。

大井 (2019-11-07 15:52)

わーい嬉しいです!!重厚感のある石板の上にのせられるので、お皿の概念が変わりました!(お皿の概念…?)
視覚から大満足ですが本当に美味しいです。もっとお金払わせて!!っていう気持ちになります。是非召し上がってみてください🍣

箱に入ってるウニがお利口そうの表現天才ですか?お利口一択です。