社内でネタに困ったら性格診断テストはいかが?

Pando

いいね

クインテットさんって静かですね・・・私語禁止なんですか?


社外のお客様がいらっしゃると何度となく言われたこの言葉。

内勤メインだった頃はこの意味が理解できませんでした。

そんなに静かかなぁ? って。

業務上必要なことは会話をしているし、電話でも話してるし・・・

ただ、この1~2年で、他社様へ訪問する機会が増えてからは、
確かにマジで静かかもしれない… と改めて実感しました。

決して私語厳禁ではないのに、
どうして静かなのかを、私の独断と偏見でお伝えいたします。

■電話機の数が少ない


他社様だと、1名の従業員に対して電話機が1台設定されており、
社内外への電話やりとりが頻繁に見受けられました。(あくまで私の個人的感想です)

対して当社は電話機は1人1台ではなく、複数人でシェアしております。
従業員4名に対して電話機が1台がデフォルトで、
デスクによっては電話機を設置してない部署もあります。

改めて我が社内を見返すと、
カタカタカタカタ と、キーボードを打ちつける音が鳴り響いている…

1人1台ですと、社内で内線による従業員のやりとりが可能ですが、
なにせ電話機はシェアリングしている当社。

しかもワンフロアに従業員が集まってるし、
それであれば対面で話すか、チャットなどでやりとりをしちゃいますね。


恐らくそんなところが、
「クインテットさん、静かですねー」と言われる所以かもしれません。

■リアルよりもネット上での交流が盛ん!!


リアルの空気が静かに思われがちなクインテットですが、
コミュニケーションがチャット、メールと言ったツール上では
頻繁にやりとりが行われています。

全社共通で使っているのはEメール、ChatWork、RedMine。
そして、今ご覧頂いている pando 

Pandoは社員しか読めない 限定記事を書くことが可能です。
今回は 社内限定記事の一部を少しお見せしちゃいます。


■ ストレスチェックと性格診断テスト


当社では 月1回産業医の医師が来社し、衛生委員会を実施し、
その内容をweb議事録としてPandoにアップしています。

現在法律で定められているストレスチェックは
当社では今年3回目の実施となりました。

受診率は90%前後ですが、従業員が増えれば
その分受けない人も増えるので
なんとか受診率下げずに向上できないか考えていました。

制度の理解や受診率向上のために「性格占い」と例えたんですよね。

そしたら、  なんとも面白そうなサイトのコメントがきて…。
衛生委員会の議事録でのコメントやりとりをご覧ください。


ちなみに私は 広報運動家でした。

今年入社した新卒エンジニアくんが
さりげなく寄せた返信コメントに書いてくれた16personalitiesネタ。

とりあえずやってみたら、これが意外に面白くて!!

このサイトを教えてくれたのが男性だったというのもあり、
性別関係なく楽しめる内容だと思って、
面白いからスタッフの皆に診断テストをやってもらいたくなってしまい…

これは意外に業務の合間や会話のネタになるし、
何しろ私がネタにしたいとウズウズしたので、
広報運動家としてスイッチ入ったのです。

これもうPandoに書いちゃえ!



書くためには、数人のデータだけではつまらないので、
メールとチャットを使って データを集める(テストを受けさせる)
広報運動をはじめました。

社内の備品購入を依頼してきた 他部署の男性に
交換条件として診断テスト協力するよう依頼したり…



同じ広報運動家の新卒女子に代表の松下にテスト受けさせるよう
根回ししたり…


(これは新卒社員でも社長と距離が近く、気軽に話せるからこその依頼です!)


16の中からのタイプだけでなく、
ご丁寧にこんな個人データ結果まで出してくれるんですよ!

計画性18%とか、論理型28%とか・・・ ズボラな私のこと当たってますw

突発的な業務が舞い込んでくるほうが、個人的にヤリガイ感じるので
計画どおりに業務を進めたことはほぼありません。



しかも同じタイプの有名人も出てくるというサービスぶり!


ウィル・スミスやドリュー・バリモアと同じタイプって嬉しい・・・(*^^*)

他のタイプでは、ビル・ゲイツやスティーブジョブスにアインシュタイン、
ビヨンセやマリリンモンロー、
エリザベス女王、マイケル・ジャクソン、オバマ大統領とかもありましたよ!


■運営会社に許可を得て、記事にしちゃいました

ファッション誌や週刊誌など女性誌にはほぼ掲載されている占い。
性格診断テストや占いが好きな女性は多いですが、
男性は「なにそれ美味しいの?」って感じではないでしょうか?

後々説明しますが、男性にも非常に楽しんでもらえたテストでした。
「当たってる」「ドキッとした」なんて感想が出てきましたから…

結果、50名近いスタッフが性格診断テストをやらせる やってくれました。

社内限定記事で身内ネタで書くよりも
この記事を読まれた方にもこのテストを知って、受けてもらいたいと思ったので
一般向けに記事として書いても良いかを先方に問い合わせることにしました。

先方はアメリカの会社なので日本語で問い合わせることができないため、
昨年留学を経験した新卒男子に 翻訳を依頼したり。

メールを送ったら1日足らずで掲載許可のご返信を頂けました!

Hi !

Thanks for the message. We're happy to hear you have enjoyed the test and results.
You are certainly welcome to share the URL in your article if you like.

Kind regards,

Customer Support


-------------------------------------翻訳-------------------------------------------------------------------
メッセージありがとう。あなたがテストと結果を楽しんだと聞いて嬉しく思います。
記事のURLを共有することは問題ありません。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


なんと心の広い会社なんでしょう…!!
記事への承諾と返信の速さに、ますます16personalitiesのファンになってしまいました★


■話が拡がる、盛り上がる?

コメントの一部をキャプチャとりましたが、
このコメント投稿者の共通点わかります?




↑これ、全部男性のコメントなんですよ。
広報運動家として、今回診断テストを若干強引に進めたものの、
「ふーん」「言われればそうかもね」くらいの 軽~い感想しか
来ないかなぁと思ってたんです。

そしたら意外に楽しんで貰えたことがなんか嬉しかったです(*^^*)


クインテットのスタッフのタイプはこんな感じです。

タイプ男性女性合計
冒険家156
広報運動家235
擁護者415
エンターテイナー224
仲介者24
提唱者224
管理者213
領事館-33
幹部112
主人公2-2
巨匠2
2
建築家112
討論者1
1
指揮官-11
論理学者1
1
起業家--0




診断テストした際に、グーグルフォームで感想も聞いたんですが、
女性はやっぱり占いとか心理テスト好きが多いから、
「当たってる!」「面白い!」といったコメントが溢れました。


■女性スタッフの感想


女性の全人口の0.8%しかいないタイプで、自分と理解し合える同じタイプの人間と出会うのが難しいと書いてあったことに妙に納得しました。全体的に見てもかなり当たっていると思います。 (戦略企画部)

他にも性格診断のようなものをやったことがありますが、一番納得のいく内容だった気がします。 (戦略企画部)

意外な結果でした・・・危険な行動が多く見られますって・・・(汗)  (デザイン部)

自分勝手な性格だなぁとあらためて反省しました。 (戦略企画部)


エンターテイナーである自分に驚きを隠せません…。そんな輝かしい人間ではないと思っています…笑 

想像以上に診断結果が自分に当てはまっていたので驚きました。 (戦略企画部)

結果を見て強く当てはまると思う部分がある一方で、そうかなと思う部分もあり、自分を客観視するきっかけになり興味深かったです。 (戦略企画部)


女性陣にも診断結果が好評でした!


■男性スタッフの感想

薄々気づいてることを言い当ててくるのでドキッとしました  (デザイン部)

ドンピシャすぎてびっくりしました。同時に将来の目標が性質上 向いていると記載があって自分を信じて頑張りたいと思えました。  (開発部)

自分では「なぜ冒険家?」と思いましたが、周りの人からは「あってるかも」と言われましたので、自分のことを客観視できていないのかなと思いました。  (開発部)

あまりいないタイプだと言われるのは平常運転だなと思いました。  (デザイン部)

俳優をやっていたときは自分は絶対に主演タイプではないと思ってたんですがね。不思議なもんです。 (デザイン部)

当たっていると言えば当たっていました。おそらく他の選択肢を選んでもそう感じていたと思います。 
(戦略企画部)

興味深い内容だった。だいたい当てはまっているようにも思う。(企画部) 

結構内容の濃い解説があって楽しめました。 (社長室)



あと、こんなコメント(?)も…

あああああ (◯◯部)

まさか診断結果に何か大きなショックを受けたの…?
…パソコンの不具合?
心配したのでチャットをいれてみました。



心配して損した…

なお、この彼は 擁護者 タイプでした。
いつもパソコンの調子で困ったり悩んだりすると
解決策を提案してくれるので、擁護者ってのも妙に納得できました。


なんか面白いネタ無いかな…なんて思うことがあれば、
是非この16personalities をやってみてはどうでしょうか?

なにせ無料だし、5~10分で出来るんで。

しかも日本語だけでなく、様々な言語に対応しています、
むしろ対応してない言語が無いかと思うくらいの充実ぶり・・・。


対応可能言語
https://www.16personalities.com/languages

地球上に住んででネットに繋がれる人間であれば
恐らく誰でも受けられるというスグレモノです。


学校や職場に外国籍の方がいても、
なんの問題なく、診断テストが受けれます!

■ちょっとしたことが交流を生む

こうして従業員を私のネタ記事のために巻き込みましたが、
会話が業務のことしかできないよりも、
業務と全く関係のない話でコミュニケーションとれたほうが
社内は円滑に動くのかと考えております。

寄せられた感想コメントであったのですが、
こうした社内コミュニケーションが図れるメリットがあります。

みんなの結果を知るのが楽しいです!^^
例の社内限定記事もこれがきっかけでかなりのコミュニケーションになっていたので、
時々こういう気軽にみんなで楽めるような行事(?)があっても良さそうですよね♪ 


心理テストはちょっとしたキッカケに過ぎないですが、
記事や返信コメントからこうした社内コミュニケーションに繋がるのが
Pandoのメリットです。

今後たくさんの企業の皆様が良いサービスと感じてご利用頂けるように、
サービスの開発、そして私達スタッフの記事も力を入れていきますので
Pando のこれからにご期待くださいませ★


※ストレスチェックの受診率は去年より数%向上しました (^o^)

by 社内 の広報運動家


No Name(2018-11-08 14:36)

簡単に診断・共有できそうなのだと

■類人猿分類
http://yakan-hiko.com/gather/

が社外の人とも話題にしやすいかもしれません。
(質問が少ないので精度としては微妙なところもありますが。)

No Name(2018-11-08 18:16)

感情豊かな寂しがり屋、ボノボ という結果でした!
質問少ないけれど、当たってる…!


採用検索 - 詳細条件の設定